質問
2021/01/28 07:20

就職の際に持病のうつ病があることを伝えずに応募することを考えていますが、法的には問題ありませんか?伝えたくない理由としては、まず、採用確率が下がること。環境によっては問題なく働けること。個人情報にもなると思うので伝えたくない、です。採用する側からすると知っておきたいことだということは重々承知していますが、私としてはこのことは伏せておきたいです。このことについて、後々のトラブルの有無などが気になっています、アドバイス等ありましたら助かります

匿名
回答 1 件
2021/01/28 21:38
山本ゆき
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

良い印象とならないことは想定されるので伝えたくないですよね。
結論からお伝えすると、身体的な不調であっても、心理的なメンタル不調であっても、既にその病気が完治している場合や、業務上差し支えない程度のものであるならば、必ずしも採用選考の際に伝える必要はありません。
厚生労働省も「事業者は応募者の能力や適性のみを選考の判断基準とし、基本的人権を尊重して公正な採用選考を行う」としており、業務に支障のない病気を採用選考基準とするのは不適切だとしていますので、応募者側から申告する必要もありません。
ポイントは「業務に支障がない」ということです。
後々のトラブルとして、採用時に告知をせず、病歴が原因で業務に支障が出るようなことになった場合、告知されていなかったという理由で会社側が解雇しやすくなるという点があります。
労働契約によって社員は労務を提供する義務がありますので、そもそもそれが「出来ないと想定される状態であったのに告知をしていなかった」と判断される場合は、解雇も合理的と判断されるためです。
判断するのは第三者であるため、今の時点でご自身で明確な判断をすることは難しいかと思いますが、解雇のリスクは把握されておくのが良いと思います。
なお、採用時に会社が病歴の申告を求めることは法的には問題ありませんので、聞かれた場合に虚偽の申告をすることは病歴偽証となりますので注意が必要です。
可能であれば、病気への配慮や多様性に理解のある会社を選ぶことが双方幸せになれる方法であはありますが、そのような会社は現在多くはありません。
病状や仕事内容などケースバイケースになるかと思いますので、告知しない場合の解雇リスク等も検討しながら、必要に応じて事前に伝えるのが良いと思います。


ありがとうございます。とても参考になりました。よく考えて判断していきたいと思います。

匿名
2021/01/30 10:33

この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
うつ病
トラブル
就職

キャリアサービス一覧