質問
2020/12/25 18:11

私は主任の事務職として民間企業に勤めております。上席の管理職は現場の状況を把握しておらず、抽象的な指導しかしてきません。会社の経営層も数字ばかりにとらわれて各部署の業務状況や疲弊を管理職が把握せず経営方針が話されているように感じております。

定期的な上席との打ち合わせ時に、課内の状況及び業務効率改善を実行しているが人手不足で業務に遅れが生じているため、欠員補充または、他部署からの人的応援を相談するも明確な回答を頂けませんでした。

そのような状況が継続して、いよいよ業務の進捗が遅れを取り戻すため休日出勤もやむなしかとも考えますが、毎日、朝8時に出社して夜21時に退社という生活は私にとっては負担に感じております。また管理職より休日出勤を命じられたわけでもないのに自主的に行うのも抵抗感があります。一方で同じ課内の年下の主任は、出勤登録せずサービス出勤をして業務をしています。純粋にやる気で業務の遅れを取り戻す責任感を持ってやっていることなので上席でもない私が何か言う立場ではないですが、個人的にはサービス出勤は賛同できないと思っています。
管理職からの指示がされていない自主的な休日出勤は、管理職をはじめとする、経営層が業務が回っていると誤った認識をされたり業務バランスの崩壊を招くのではないかと思っております。
とはいえ、休日出勤している同僚がいる中で、あえて休日出勤しないことも組織に属する人間としていかがなものかと悩んでもおります。

管理職が相談に応じてくれなくても、業務の進捗が遅れている責任が自身にないわけでない以上責任をとって休日出勤するのはやはり当然でしょうか。
一般的に実態としては休日出勤はよくあることなのでしょうか。
まとまりのない相談になってしまい申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

匿名
回答 1 件
2020/12/26 12:29
はなふさ英 定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

...

質問のポイントは2つですね。
1.「管理職が相談に応じてくれなくても、業務の進捗が遅れている責任が自身にないわけでない以上責任をとって休日出勤するのはやはり当然でしょうか。」・・・仕事に遅れがあり、自分にも責任があるため休日出勤は当然なのかですね。

休日出勤はあります。ですが、その背景や責任の考えの方に大きな違いがあります。例えば、コロナ対応の看護師さんは相当な無理をし休日出勤の情勢にあり、医療崩壊近い勤務状況の情報があります。でも、質問者の休日出勤の背景や責任の意味が異なります。このような回答は意味がないように思われましょうが、極端な「休日出勤」例として申しています。

民間会社では従業員の残業時間、公休出勤、時間外労働時間は「三六協定」を締結し会社の事業運営をしなければ法律違反です。どんなに小さい会社でも「法律違反にあたる場合、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金を課されるます。」管理職以上の社長以下がきちっと認識していれば、休日出勤している仲間が悪いのではなく、会社が法律違反を覚悟し、社会に法律違反行為しています。これは業務の改善や利益の追求以前の会社の基本的な存続の大きな問題です。

タイムカードや記録を残さずに「三六協定違反」発覚を防止していればそれは犯罪です。今は、ドライブレコーダーなどAIがあり、いずれ発覚します。以上は「三六協定」違反の場合です。立の悪い場合は「三六協定」違反すれすれの時間外労働を見て見ぬふりしている場合があります。いわゆる「ブラック企業」でそのような会社はリストに載り求人に大きな影響があり健全な会社ではありません。

大袈裟な話と思われましょうが、質問者の会社は「三六協定」違反なのどうかです。違反していなくてもいずれ「ブラック企業」仲間に入ります。そのことは「休日出勤」の方や管理職がどうのように考えているかです。数字を上げる、収益向上が絶対的なのは民間会社の使命であり宿命です。赤字会社はどれほどの大企業でも淘汰されます。コロナ情勢下の大問題になっています。

ですから、はっきり言って「三六協定」以内の時間外労働は健康管理を密にしてしなければなりません。ですが、質問者の仕事は「事務職」です。相当な複雑さがあり、難しさがある仕事でしょうが、今のAIの時代改善は無限と言えます。

時間外労働軽減の改善に質問者の知恵が絶対的に必要ではありませんか。改善は5元主義です。トヨタの5現主義と通じています。製造業であればこの改善手法は広く知れ渡っています。事務職は「5元主義」で仕事の源の元の必要性、作業の細部からの手順を明確に定義することです。それには「経験学」が欠かせません。年配の質問者にはAI導入の時間外労働削減=休日出勤低減が使命と考え取り組み、立案し会社に提案することをおすすめします。

2.「一般的に実態としては休日出勤はよくあることなのでしょうか。」・・・ある事です。理由はコロナ情勢もあります。また、以前からは「少子高齢化」による人手不足によります。ある意味今は社会情勢の過渡期にあり不安定さが潜在化しています。世間では「コロナ後」の情勢、中國、ロシアの覇権下にある日本の存在価値が問われています。これらが紆余曲折し働く人の時間外労働に繋がって行っています。
以上、独断と偏見の貧弱な回答と思われましょうが、「働き方改革」の推移から「休日出勤」を考察しています。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

事務

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら