質問
2020/12/23 18:00 作成

ボーナス受け取り後に退職代行を使って退職は非常識でしょうか?以前から退職願望があっていつ辞めようかと常に考えていました。まともに上司に伝えられないので、退職代行を使って辞めたいです。ですが普通でも代行って非常識だと思われるかもしれませんが、さらにボーナス後だとタイミングは最悪でしょうか?それと何か後でトラブルになる可能性はありますか?とても気になっています。

匿名

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo
回答 1 件
2020/12/23 18:33 作成
キャリアアドバイザー 疋田和哲(元日本代表アスリート→人材最大手の営業&人事→キャリアアドバイザー) 株式会社キャリアドア
キャリアアドバイザー 疋田和哲(元日本代表アスリート→人材最大手の営業&人事→キャリアアドバイザー)

株式会社キャリアドア

■自己紹介
20代~30代前半に特化した人材紹介会社経営。中央大学法学部卒業後、リクルートに新卒入社。企業の採用...

初めまして。
大手人材会社の人材営業や人事経験を経て、転職エージェントを経営しています。
サポートしている求職者からも退職代行サービスの相談を受けることがあり、実際に利用した求職者様もいらっしゃいます。

僭越ながらアドバイス差し上げます。

退職代行サービスを使うことは、非常識ではなりません。
あなた様が次の職場が内定をもらい承諾をしているのなら、あまり問題はありません。

ただ、利用には注意が必要です。
現在、転職活動中であったりこれから活動していく場合です。
企業側には「賞与支給後、退職サービスを使った元従業員」という変えられない事実が残ります。
前職での「働きかたやスタンス」「人間関係」「退職理由」などを知るために、内定前に次職の責任者が確認するという『リファレンスチェック』をする企業もあります。
早期離職リスクや経歴の詐称、従業員との親和性、また高いパフォーマンスを発揮できるかなどをチェックすることが目的です。

そうなったときに
「賞与支給後、退職サービスを使った元従業員」
は、良い印象と言えないと思います。

上司に伝えられないお気持ちもお察ししますが、それであればさらに上位職のかたや同僚や先輩などに相談してみるのも良いと思います。
長い目で見たキャリア形成においては、退職は基本、円満退社であったほうがメリットが多いです。
ぜひそうして頂き、これからも頑張ってほしいと思います。
応援しております!


詳しいアドバイスありがとうございます!特にこのタイミングでの退職代行は後々も良くないんですね。
極力は円満退社にできるようにやってみようと思います!

匿名
2020/12/23 19:36 作成

回答の受付は終了しました

この質問の回答者
キャリアアドバイザー 疋田和哲(元日本代表アスリート→人材最大手の営業&人事→キャリアアドバイザー) 株式会社キャリアドア

■自己紹介 20代~30代前半に特化した人材紹介会社経営。中央大学法学部卒業後、リクルートに新卒入社。企業の採用支援を数千社担当。自社の新卒人事を2年経験。22年の人材ビジネス経験を活かし起業。 ■得意領域 ・営業職、コンサル職、事務管理職(バックオフィス) ・20-30代前半 ・未経験/微経験層~キャリアアップ層まで お預かり求人は東阪名の順で多いですが、地方案件もございます。1万件の依頼の内、6-7000件は関東圏。大阪の社名非公開求人も多数あり。 ■特徴 ・伴走型サポート  →オンライン面接対策や面接同行(同席)など  →土日や平日夜間も相談可 ・履歴書/職務経歴書の添削アドバイス  →サポートで通過率200%以上を推移中 人材紹介の立場として、また企業側の人事の内部の内部を知り尽くした立場として、求職者に寄り添えるサポートが強みです。


対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

キャリア支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo
関連する質問

キャリアアドバイザーからキャリア相談、求人の紹介、書類添削、面接対策などのキャリア支援が受けられます(無料)。

お申し込みはこちら