質問
2020/12/21 17:05

変形労働時間制を取り入れている会社について質問です。会社の都合に合わせて労働時間が多い時と少ない時があると思うのですが、そうなると働く側の都合はあまり優先されないのでしょうか?また、労働時間が多い時の残業は残業代としてちゃんと割り増しで計算されるでしょうか?総じて会社と労働者がお互い同じようにメリットがある制度なのか、教えていただけますと助かります。よろしくお願いします。

匿名
回答 1 件
2020/12/22 17:14
高木屋(キャリアアドバイザー)
国家資格キャリアコンサルタント
高木屋(キャリアアドバイザー)

国家資格キャリアコンサルタント

大学卒業後、法人向け広告営業に計8年(うちリーダー3年半)従事。
その後独立し、事業コンサル、人材紹介事業を行っ...

はじめまして。
変形労働時間制についてですね。

まず「働く側の都合はあまり優先されないのか」についてですが、企業や職種によっても異なります。変形労働時間制、基本的に業務量の多寡に対応していくための制度です。繁忙期に労働時間を短くするのは現実的に難しい可能性もあります。ただし変形労働時間制とはいっても、法定の労働時間を超えた場合は、別途残業代の支給が法律で定められています。「都合」がどのような状況を指しているのかにもよりますが、企業ごとにご自身の「都合」が優先できそうかどうかを確認されることをオススメ致します。

「双方にメリットがある制度かどうか」は、個人的にはあると考えます。繁忙期と閑散期の差に、「制度」で適応できるので、結果的に働きやすい環境といえるのではないでしょうか。例えば企業の新卒採用をやる人事職などでは、インターンや面接が入る時期は業務も多く、休日にも就職イベントがあることが予想できます。一方でそうでない月は繁忙期と比べると仕事量は少ないと思われます。そのような仕事に適応しやすい制度といえると考えます。

「働き方」や「残業代」を気にされているご様子。選考時に昨年度の残業実績などを確認されるとよいのではないでしょうか。


貴重なご意見ありがとうございました!

匿名
2020/12/23 01:40

回答の受付は終了しました

この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
残業

キャリアサービス一覧