質問
2020/12/14 18:55 作成

自己分析してるのですが頑張った事や嬉しかった事が浮かばず、自分の悪い所しか出こないので、自己PRも書けません。
このままではどんどん悲観的になっていきます。
自己PRってある程度、会社に自分を売り込むために話を盛っていくしかないんでしょうか。。

匿名

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo
回答 1 件
2020/12/15 12:58 作成
キャリアアドバイザー 泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」 未来共創機構CEO
キャリアアドバイザー 泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」

未来共創機構CEO

★☆
こんにちは!
YouTube「キャリア転職サロン」を運営する
泉 克明 @未来共創機構CEO と申しま...

はじめまして!
キャリア転職サロンの泉と申します。

自己分析が大事だってみんな言う割に、
具体的に何をどこまでやればいいのか
誰もはっきり教えてくれないんですよね。

以前そんな声に応えて動画を
作ったことがありますので、
よろしければ参考にしてみてください。

■自己分析のやり方
https://www.youtube.com/watch?v=D_DQ6FyPORs

動画内で解説していますが、
紙とペンを用意して時系列に沿って
出来事を書き出していくことで、
漠然と考えるよりずっとラクに
思い出すことができます。

自己PRについては、
「企業が重視する要素」にハマるように
「自分のカード(経験や強み)」を切る
という意識で考えてみましょう。

挨拶や元気さ、はつらつさを
重視していそうな企業なら、
例えば体育会系の部活などで
経験したエピソードを。

地頭やロジカルシンキングを
重視していそうな企業なら、
例えば学業成績が
自己PRになるかもしれませんね。

なお、他人にエピソードを伝えるうえで、
分かりやすく脚色する程度なら
問題ありませんが、
「話を盛る」必要はありません。

別に体育会の部活など
分かりやすいエピソードでなくとも、
冒頭の自己分析を通して見つかった
日常の何気ないエピソードなどでも
なんら問題ありません。

エピソード自体のインパクトも、
それがよほど抜きんでたものであれば
評価され得ると思いますが
(例えばオリンピックで金メダルなど)、
エピソード自体はありふれていても、
その経験をご自身がどう解釈したか、
何を学んだかなどが
考え抜かれていることの方が重要です。

なお余談ですが、
自己分析にしても自己PRにしても、
万全を期すのであれば
なるべく信頼できる第三者
(なるべく社会人)に
聞いてもらうことをオススメします。

社会人経験が無いなかで、
社会人として受け入れられるアウトプットを
自分ひとりの力で出すのは、
なかなかハードルが高いのも事実です。

ほかにも下記YouTubeチャンネルで、
企業研究や志望動機の考え方など
就活にも役立つ情報を配信していますので、
適宜ご覧いただけたらと思います。

ご参考になりましたら幸いです。

■YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」
https://www.youtube.com/channel/UCSt0LBHJuVxSPgb6VUU_KVQ/

■私の運営する「LINE de キャリア相談」
https://step.lme.jp/landing-qr/1655056060-1V2EkXnb?uLand=Y73ysN


動画見させていただき、勉強させていただきます!
ありがとうございました!!

匿名
2020/12/16 17:36 作成

この質問の回答者
キャリアアドバイザー 泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」 未来共創機構CEO

★☆ こんにちは! YouTube「キャリア転職サロン」を運営する 泉 克明 @未来共創機構CEO と申します。 今日は私のプロフィールをご覧いただき、 本当にありがとうございます! ★☆ 私は普段、法人向けに 採用コンサルティング会社を経営する 現役ヘッドハンターですが、 個人の適切なキャリア選択を支援するため、 YouTubeなどで転職やキャリアについての 情報発信も行っています。 (詳しくはリンクをご覧ください) ★☆ 一般的なキャリアコンサルタントや 転職エージェントとは一味違う、 VIPをも口説いてきた ヘッドハンターならではの セッションにご期待ください。 ★☆ 【プロフィール】 国内最大手のヘッドハンティング会社にて、法人開拓営業や特命ポジションのヘッドハンティング、経営企画、代表秘書等に従事。IT・不動産領域での年間移籍件数No.1を達成。2020年に独立し、合同会社未来共創機構を設立。 ITエンジニア、20〜30代若手営業職 etc. からのキャリア相談に乗っています。


対応地域 神奈川県, 東京都, 千葉県, 埼玉県,

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

専門領域 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

キャリア支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo
関連する質問

キャリアアドバイザーからキャリア相談、求人の紹介、書類添削、面接対策などのキャリア支援が受けられます(無料)。

お申し込みはこちら