質問
2020/12/11 12:01

ボーナス後の退職のタイミングについて。今月のボーナスを受け取り、すぐにではなくあと1ヶ月在職し、1月中に退職を申し出て、2月までに辞めようと思っていましたが、実は同僚も同じ事を考えているという事を知りました。会社からすると退職者が多数になると、受け入れられないと言い出すかもしれません。こうなると早くに申し出たほうがいいのか?と思うようになりましたが、12月20日に給料とボーナスを受け取り、仕事納めの12月30日までに退職を申し出るのはタイミングとしてアリでしょうか?

匿名
回答 2 件
2020/12/11 13:02
キャリアアドバイザー 石井伴宜 キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®
キャリアアドバイザー 石井伴宜

キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®

13年程人材業界に従事しております。派遣・職業紹介・請負の事業部責任者として、スタッフ/企業両面の対応経験がござい...

はじめまして。
退職通知のタイミングは悩ましいところですね。
法的な観点から言いますと、いつどのタイミングで言おうが全く問題ございません。
仮にあなた様が退職通知をした際、会社側が「受け入れられない」と言ったところで何の拘束力もないです。
職業選択の自由が憲法で保障されている以上、それに勝るものはございません。
とは言うものの、これはあくまで法的な観点ですので、できればスムーズに揉めることなく退職したいですよね。
賞与直後の退職ということで、もしかしたら嫌味っぽいことを言われるかもしれませんが、そこは丁重に対応しつつ、あなた様の意志を曲げずにしっかりと伝えてください。
年末年始を挟みますので「休みの間に再度考えてほしい」というような事を言われる可能性もありそうですが、あなた様の意志が固いのであれば「考えた上での結論ですので退職の意志は変わらない」とハッキリと伝えることが重要です。
時期的に「言いづらい」という気持ちはあるかもしれませんが、強い気持ちをもって頑張ってくださいませ!


ご相談に乗っていただき、ありがとうございました!強い意志で伝えられるよう頑張りたいと思います!

匿名
2020/12/11 18:16
2020/12/11 14:33
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させて頂きます。私は現在外資系人事責任者をしております。相談者様はこの新型コロナウイルス危機の中大変厳しい決断をされたのです。また丁度、貴殿と同じ時期に同僚の方も退職を考えていたのですね。
先ず、会社からすると「この時期に同時に二人退社される事は大変大きな痛手になります。二人の業務引継ぎを実施する必要が出てきます。」一方、貴殿からすると「退職する権利は従業員に有りこれは基本的権利です。」この2点を踏まえ以下アドバスさせて頂きますのでご参考願います。
1. 退社の決意
退社の決意は先ずは貴殿の事情の問題ですので「同僚が同時期で・・・」「会社が受け入れ難い」は有ると思いますが、同僚も会社も貴殿の事情(キャリア・家庭の事情・その他プライベート事項」の責任を取る事は有りませんので、もし決断が揺るぎないもので有れば予定通り退職届(願いでは無く)を提出されてください。
2. 時季変更の可能性有り
万一、貴殿が退職の意思は固く次の職場又は予定が決まって無い場合は一旦「退職願い」を出して会社側と相談される事も考えられます。取り敢えずは、会社の意見も聞くと言う姿勢も今後の関係を保つ意味でも良いかもしれません。

3. 最後に
私の会社でも(過去数社)賞与受給権利発生日以降の退職は会社側も多くなる事は重々承知しているのが通例です。従って、貴殿からの退職意思表示が有った時点では大変困りますが恐らく一定の退職者は覚悟しております。また、会社は補充には少し時間はかかりますが新規採用は現在比較的容易になっているのが現状です。

以上が少しでも参考に成れば幸いです。先ずは貴殿の人生・生活が第一ですのでしっかりと考えて結論出される事をお薦め致します。応援しております。
佐藤 豪


ご相談に応じていただきありがとうございました!おっしゃるように会社側として、退職者数が想定内であればよいですし、タイミングの良し悪しにかかわらず、強い意志で伝えられうようにしたいと思います!!

匿名
2020/12/11 18:21

この質問の回答者
キャリアアドバイザー 石井伴宜 キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 素材、食品、医薬品技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
退職
給料
ボーナス

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら