質問
2020/12/11 01:37

マーケティングかプログラミングのどちらを学ぶか検討しています。これからの時代により必要でたくさん稼げるのはどちらでしょうか?ご意見をお聞かせ下さい

匿名
回答 1 件
2020/12/11 21:49
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
キャリアアドバイザー 山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

せっかく仕事に就くのであればたくさん稼げる仕事を選びたいものですよね。
マーケティングとプログラミングの比較ということですが、結論からお伝えすると一概にはどちらがということはできません。
どちらも幅が広く、もう少し的を絞る必要があると考えるからです。
例えば、「マーケティング」と言っても、「オフラインのマーケティング」や「webマーケティング」があり、業種によっては必要な知識も異なります。
また、マーケティングの中にも「アカウントプランナー」などの営業系の仕事や「リサーチャー」などの調査・分析を行う仕事、「商品企画」や「マーチャンダイジング」などの企画よりの仕事、さらには「PR」や「広報」、「ブランディング」などもマーケティングに関わる仕事になります。
プログラミングについても、「Webプログラマー」や「アプリケーションプログラマー」「組み込み系」「汎用系」「オープン系」など多数の職種があります。
これらを一概に比較することは難しく、また、業種によっても賃金は異なります。
さらに、ご存じの通り、昨今はITなどの変化が激しいい時代であり、「今」稼げる仕事であっても、「数年後」稼げる仕事のままであるかどうかはわからない時代です。
そのような環境で、学ぶ内容を検討するポイントは2点あると思います。
まず、将来性がありそうな仕事を考えることです。
先程お伝えしたように、今の世の中は数年後どうなっているかは誰にも予想が出来ない時代です。
コロナで全世界の経済が止まり、訪問営業がまったくできなくなる時代が突然来ると予想して動いていた人がどのくらいいるでしょうか。
なので、正解はありません。
あなたが納得するまで調べ、これなら将来的にも大丈夫そうだと自分で信じ、出来るだけ後悔しないように選択をすることが重要です。
敢えて言うと、マーケティング関連もプログラマ関連もどの職種も今は足りていないと言われています。
しかし、コンピューターがマーケティングのすべてを一瞬で検証する時代がすぐ来るかもしれませんし、プログラミングを自動化する技術は着々と進んでいます。
そのような中で、有用な人材となるためには、日々知識を身に着け、新しい情報によって方向修正をしながら、他の人よりもちょっと自慢できる何かを身に着けて仕事に活かすことだと思います。
このような考えで学ぶ分野を検討するときに大事なことが、興味を持ち続けることが出来るか、ということです。
これが2つ目のポイントとなります。
継続的な知識の吸収が必要となりますし、少しでも多くのことを学んでいく必要があります。
これを続けていくためには興味や関心を持てることが重要です。
単純に「稼ぐため」という理由で頑張れるようであればそれでも問題ないかとは思いますが、充実した仕事環境を手に入れるためには、ご自身が「やりたいこと」にも注目してキャリアプランを考えることをお勧めします!


ありがとうございます!確かに先のわからない世の中で、何より自分が継続して興味を持ち続けられること、やりたいことを選択することが重要ですね!

匿名
2020/12/12 09:48

この質問の回答者
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
マーケティング

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら