質問
2020/12/09 17:10

会社の業績悪化により、正社員から契約社員へ変更の打診を受けています。待遇はほとんど変化はないのですが(もともと給料は安い...)、半年毎の契約になります。解雇になるよりはマシかとは思ったのですが、契約社員ではこれからローンを組んだりなど不利でしょうか?その他、契約社員になって困ることはどんなんことがありますか?
一旦は承諾して、働きながらでも正社員の仕事を探せたらと思っています。どうかアドバイスをよろしくお願いします。

匿名
回答 1 件
2021/02/16 17:29
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
キャリアアドバイザー 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。正社員から契約社員への契約変更を打診されているのですね。まずローンについてですが、住宅ローンを組む時は「年齢」「雇用形態」「勤続年数」「所得」などで判断されます。金融機関により正社員より厳しく判断されることがあるかもしれませんが、契約社員だからローンが組めないことはありません。

正社員と契約社員の違いですが、雇用期間が無期限から有期になるのが一番大きいと思います。半年毎という説明を受けているようですが、契約更新されずに終了もあり得ます。有期契約労働については、5年を超えて更新された場合は、申し出ることで無期労働契約に転換される「無期転換ルール」というものがあります。有期が無期になるだけですが知っておいてください。

福利厚生や賞与は契約社員になることにより受けられなくなります。福利厚生や賞与は業績が悪化している時は恩恵を受けにくいですが、業績が改善した時に正社員と契約社員で差が出てくると思います。

一方契約社員のメリットとして、人間関係に縛られず、休日が取得しやすいと言われます。しかしながら、ご相談者さまは同じ職場なので、これらのメリットは考えにくいです。

条件面で正社員が勝っているようですが、会社の業績が悪化している状況で解雇よりマシと考えるのもわかります。今までと同じように過ごすのではなく、転職先を探すなどの視点を持ち合わせて勤務されることが大事なのではないでしょうか。


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

待遇
正社員
契約社員
給料

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら