質問
2020/12/04 10:49

再就職手当のことで教えてください。
派遣社員として働いていましたが次回の更新がなく退職することになりました。
離職票が届いたらハローワークで手続きをしようと思っていますが、なるべく早く次の仕事をしたいという思いがあります。
また再就職手当がもらえるようなら、いただきたいのですが、その受給要件に「7日間の待機期間満了後の就職」とありました。
これは最初の手続きから7日間ということかと思うのですが、もしこの7日間のうちに内定を決めて、そのあとに働き始めるということでも受給はできるんでしょうか?
どなたか教えてもらえたら助かります。

匿名
回答 1 件
2021/03/09 21:38
アーク・キャリアコンサルタント
社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級
アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタ...

再就職手当に関するご相談ですね。
再就職手当を受給するためには様々な要件を満たすことが必要となります。
ご質問にあります、「7日間の待機期間満了後の就職」ですが、こちらに関しては、待期期間に内定を取得して、待期期間満了後に働きだすのであれば、特にこちらの制限には抵触しません。ただし、受給資格決定前から内定が出ていた場合は再就職手当の受給要件を満たさなくなりますので、注意が必要です。

(補足)内定日はあくまでも内定しただけで、仕事が始まる日ではありません。大切なのは仕事を始めた日、つまり出社初日の日付になります。

それ以外にも再就職手当には、以下の受給要件を満たす必要があります。
【それ以外の要件】
①就職日の前日までの失業認定を受けた上で、基本手当の支給残日数が所定給付日数(受給資格決定時にもらえる日数)の3分の1以上であること。
②退職した会社に再び就職していないこと。また、辞めた会社と資本金・資金・人事・取引面で密接な関わりがない会社に就職する必要がある。たとえば、以前の会社への出戻りや子会社に就職したときは対象外ということです。
③正当な理由のない自己都合退職や懲戒解雇によって給付制限(基本手当がもらえない)期間がある方は、受給資格決定日から待機期間満了後の1カ月間は、ハローワークや人材紹介会社の紹介によって就職していること。
④1年を超えて勤務することが確実であること。なお、契約期間が1年以下の契約社員や派遣社員でも、更新する見込みがあれば支給対象となります。(派遣社員での就業の場合は、更新期間に注意すること)
⑤自営業を開始した場合を除き、雇用保険の被保険者となっていること。
⑥過去3年以内に再就職手当、または常用就職支度手当の支給を受けたことがないこと。
⑦受給資格決定(求職の申込み)前から採用が内定していた会社ではないこと。


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
再就職手当
離職票
退職
派遣社員
派遣
就職
ハローワーク
内定

キャリアサービス一覧