質問
2020/11/13 22:51

転職時に現職年収と同じだけ出してくれる、というオファーをいただいたので、ちょっと多めに伝えてしまったのですが、これってやっぱりまずいでしょうか…
後から気づいたのですが、年末調整で前職の源泉徴収票を出すので絶対にバレると焦っています。
こういうのって何か罰則が課せられたりするのでしょうか。詳しい方のご意見をいただきたいです。

匿名
回答 1 件
2020/11/14 23:54
キャリアアドバイザー 高木屋(キャリアアドバイザー) 国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 高木屋(キャリアアドバイザー)

国家資格キャリアコンサルタント

大学卒業後、法人向け広告営業に計8年(うちリーダー3年半)従事。
その後独立し、事業コンサル、人材紹介事業を行っ...

はじめまして。

転職の面接で現年収を多めに伝え、焦っておられるとのこと。

結論からお伝えすると、最悪の場合は内定の取り消し等につながるケースもございます。ただし「ちょっと多めに」の「ちょっと」がどれくらいか、企業がどれだけ面接時の年収の回答を重視しているか、等にもよると思われます。

企業規模にもよりますが、採用担当と源泉徴収の処理担当は別のことも多いので、そのまま何事もなく進むケースもございます。申告した現年収と現実の乖離がそれほど大きい金額でなければ黙って提出をし、なにか言われれば「勘違いしていた」等と述べて謝罪する方法もあります。残業やインセンティブ、諸手当の有無やボーナスによって多少変動してしまうことは致し方ないことだからです。

ただしビクビクしながら過ごし続けるのも辛いと思いますので、金額の乖離が大きい場合はご自身から「希望年収と間違って回答してしまった」「現年収を○○円だと勘違いしてしまっていた」等と自ら申告されてしまった方が、心象はよいかと思います。


この質問の回答者

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

転職

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら