質問
2020/11/10 01:22

上司から暴言があり見下しバカにされ、精神的苦痛でもう仕事を辞めようと思っています。よく証拠があればパワハラを立証できるとあるのですが、工場勤務のため録音機器の持ち込みができません。他にどんな方法で証拠を取れますか?
また辞める時は自己都合でも、そのあとに証拠をハローワークに提出すれば、後から会社都合に変えてくれますか?

匿名
回答 1 件
2021/02/17 12:39
佐藤 豪
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させて頂きます。私は現在外資系企業で人事を担当しております。相談者様の現状「上司から暴言があり見下しバカにされ、精神的苦痛でもう仕事を辞めようと思っています」とは劣悪な状態です。誠に心中お察し致します。お身体の事が一番心配です。また工場勤務という環境下実態を客観的に示す手段がとても難しい事も良く理解できます。本来で有れば先ず被害者で有る貴殿が会社に残りこれ迄通り勤務され、“パワハラ”を犯している可能性のある上司が何らかの処罰を受けるべきと思います。貴殿の同僚や過去会社を退職された方で現上司の問題点等供述して頂ける方々はいませんでしょうか?もし何人かおられれば会社人事・労務又はコンプライアンス部に相談して現状認識と改善要求される事をお薦め致します。残念ながらこれらの対策が不可能で、貴殿の健康状態も含め退社せざるを得ない場合は以下の対応を助言させて頂きますので参考にして下さい。
*(離職理由を本来会社都合であったにもかかわらず自己都合にさせられた)
離職の理由を不当に自己都合退職とされてしまっていた場合は、ハローワークに相談することで変更できる可能性があります。離職票には通常「具体的事情記載欄」があり、会社が記載する欄と離職者が記載する欄の2つが設けられています。会社の記載欄に「自己都合による退職」と記載されていても、離職者の記載欄に実際の理由を書き込んでハローワークに提出されると離職者と会社の述べる離職理由が異なる場合、ハローワークは、会社に「双方理由が異なる」事情を聞き、客観的資料を要求致します。また、必要がある場合には、離職者に対しても必要な書類の提出を求めハローワークにより、会社による離職理由欄の記載に誤りがあると判断されれば、会社都合退職に変更される場合があります。
最近では本来「解雇・リストラ」などの会社都合で退職したにもかかわらず、離職票に「自己都合退職」と記載されてしまっていた場合は失業保険の給付条件においてかなり不利になったりします。兎に角先ず、会社側に現場の問題点を指摘・把握してもらい改善・是正を強く要望してください。
以上が少しでも参考になれば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
上司
パワハラ
自己都合
会社都合
辞める
ハローワーク

キャリアサービス一覧