質問
2020/11/02 02:49 作成

会社から退職勧奨を受けました。ですがそれに応じたくはありません。
しかし、会社の意向に反して残ったとしたら、その後自分が仕事がしずらいような状況に追いやられないか心配でなりません。
会社から不要な人間だと突きつけられたら、素直に応じた方がよいのか。
こんな状況での会社との関係どうすべきでしょうか。とても悩んでいます。どうかアドバイスをお願いします。

匿名

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo
回答 2 件
2020/11/02 14:29 作成
はなふさ英 定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

...

私も同じような退職勧奨を受けました。私の場合は、会社が経営困難になりリストラでした。幸い、十人程度の退職勧奨でしたので、会社に誠意を求めて団結し交渉しました。退職金満額+アルファと転職先の相談に乗る事の条件で、退職しました。

質問者の気持ちは痛い程分かります。私の経験は何の参考にもならないかもしれません。質問者の年齢や妻子有無が不明ですが。もし、40代(乃至はそれ以上若い年代)で独身であれば当面困らないための退職金上積み条件を退職勧奨と引き換えに交渉するのです。いかがでしょうか。転職に際しては、職業訓練所で再出発を検討があります。

50代以降で妻子あり、どうしても退職が無理であれば多少の会社の処遇の変化に覚悟を決めて退職勧奨を拒否します。でも、いずれか可能性がある退職k濫觴に備え、転職を考えた資格や特技を冷静に自己分析し退職勧奨に応じる準備をします。

人生50年といわれています。私の想定が40また50代です。60代以降の退職勧奨であれば、年金の受給資格までの退職金+退職勧奨手当を要求し応じ、セカンドライフの構築を図るのです。

2020/11/02 19:41 作成
キャリアアドバイザー 泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」 未来共創機構CEO
キャリアアドバイザー 泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」

未来共創機構CEO

★☆
こんにちは!
YouTube「キャリア転職サロン」を運営する
泉 克明 @未来共創機構CEO と申しま...

はじめまして。
キャリア転職サロンの泉と申します。

退職勧奨を受けた際のご不安は
筆舌に尽くしがたいものがあると思います。

気が動転してしまうと
冷静な判断力を失いがちですので、
簡単ではないかもしれませんが
努めて冷静に損得判断をしていきましょう。

まず大前提として、
あくまで退職「勧奨」ですので
応じたくなければ応じる義務はありません。

選択権はご相談者さんにありますので、
万一、退職を半ば強要してくるような
状況になったとすれば毅然として対応し、
然るべき機関や専門家に相談しましょう。

ただし、ご相談者さんが仰るように、
応じなければ後で仕事がしづらくなるなどの
リスクも否定はできません。

具体的な選択肢については
別の方が回答されているので、
私からは考え方を中心に
アドバイスさせていただきますが、
実は、あらゆるキャリア選択は
"正解の無い意思決定" です。

各選択肢のメリットとデメリット、
リスクとリターンを洗い出し、
リスクがあることを承知のうえで、
成功確率の高いと思える道を
勇気をもって決断する。

(失敗したら要因分析して軌道修正する。)

もしくは、自分の選択した道が
正解となるように努力するという心構えが、
あらゆるキャリア選択において必要です。

もし会社に残ると決断したならば、
仕事がしづらくなるなどは覚悟のうえで、
会社に求められる社員になれるよう
脇目も振らずスキルアップするなどです。

一つの考え方の例ですが、
「こんな状況での会社との関係」について、
このように捉えてみてはいかがでしょうか。

「ご相談者さんと会社との関係は
 養ってもらって従属する関係ではなく、
 あくまで対等な取引先である。」

もしご相談者さんが経営者だったとすれば、
取引の打ち切りを示唆する会社に対し、
あの手この手の努力を尽くして
取引継続した方が得でしょうか?

(また、それはなぜでしょうか?)

それとも、
取引の将来性を見込めない会社だと見切り、
次の取引先を探した方が得でしょうか?

(また、それはなぜでしょうか?)

お世話になった会社に対して
ドライすぎると思われるかもしれませんが、
終身雇用が崩壊し、会社が社員の将来を
保証してくれない(できない)時代です。

自身のキャリアに
自身で責任を持つことが
これからますます求められてきますので、
すべての人に経営者のようなしたたかさを
身につけて欲しいと願っています。

最後は少しお節介過ぎたかもしれませんが、
ご参考になりましたら幸いです。

■YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」
https://www.youtube.com/channel/UCSt0LBHJuVxSPgb6VUU_KVQ/

■私の運営する「LINE de キャリア相談」
https://step.lme.jp/landing-qr/1655056060-1V2EkXnb?uLand=Y73ysN


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」 未来共創機構CEO

★☆ こんにちは! YouTube「キャリア転職サロン」を運営する 泉 克明 @未来共創機構CEO と申します。 今日は私のプロフィールをご覧いただき、 本当にありがとうございます! ★☆ 私は普段、法人向けに 採用コンサルティング会社を経営する 現役ヘッドハンターですが、 個人の適切なキャリア選択を支援するため、 YouTubeなどで転職やキャリアについての 情報発信も行っています。 (詳しくはリンクをご覧ください) ★☆ 一般的なキャリアコンサルタントや 転職エージェントとは一味違う、 VIPをも口説いてきた ヘッドハンターならではの セッションにご期待ください。 ★☆ 【プロフィール】 国内最大手のヘッドハンティング会社にて、法人開拓営業や特命ポジションのヘッドハンティング、経営企画、代表秘書等に従事。IT・不動産領域での年間移籍件数No.1を達成。2020年に独立し、合同会社未来共創機構を設立。 ITエンジニア、20〜30代若手営業職 etc. からのキャリア相談に乗っています。


対応地域 神奈川県, 東京都, 千葉県, 埼玉県,

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

専門領域 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

キャリア支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo
関連する質問

キャリアアドバイザーからキャリア相談、求人の紹介、書類添削、面接対策などのキャリア支援が受けられます(無料)。

お申し込みはこちら