質問
2020/10/28 17:17

ボーナス支給後の退職のタイミングについて。
今の会社をなるべく早く退職したいのですが、生活のためボーナスもきっちり欲しいです。ボーナスが出る前に退職を伝えると、支給額に影響が出ては困るので、支給後に伝えようと思いますが、支給後すぐだとあまりにもいやらしいですし、言い出しにくいですが、1ヶ月ほどは空けるのがいいでしょうか。それとも支給後すぐに言う人は言うものでしょうか?会社もそのようなケースはよくあると思っているので気にしなくていいものなのか、どうなんでしょうか。
アドバイスいただけると助かります。

匿名
回答 1 件
2020/10/29 14:11
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
キャリアアドバイザー 山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

貰えるものは貰っておきたいと思うのは誰もが理解できる自然な気持ちだと思います。
会社の文化や雰囲気にもよりますが、ボーナスが振り込まれたことを確認してすぐに退職の意向を示してくる方もいますし、ボーナス支給日前に退職の意思を伝え有給消化中にボーナスを受け取る方もいます。
ボーナス(賞与)の支給金額や支給方法については会社ごとに決めるものであり、就業規則等に明文化されているはずです。
その規則則り支給されるのが従業員の当然の権利となります。
よくあるのは、「賞与は支給日に在籍している社員に限る」というような文言です。
この場合、退職が決まっていたとしても、支給日に在籍していれば賞与は受け取れることになります。
賞与を貰った後で、退職の意向を伝えたところ、返金するように求められたという話も聞いたことがありますが、規程に則った支払いをされたのであれば例外的に返金する必要はありません。
ただし、場合によっては「支給日から退職日までの残存日数が●日の場合は▲割の支給とする」あるいは「支給しない」といった文言があればその通りとなります。
また、欠勤日数が賞与支給額に影響する会社もあります。
まずは、就業規則や賃金規程等、賞与の取り扱いについて記載のある文書を確認されることをお勧めします。
一方で、金額については会社側に裁量があることが多く、退職が決まっていると金額を減らされたりすることがあるかもしれません。
毎回一定額をもらっていたのに、退職が決まったときだけ減らされた、などの、第三者が見ても明らかに不当と思われる減額は認められない可能性はあります。
もし、賞与を貰ってすぐに退職を伝えにくかったり、減額されるリスクを避けるようであれば、賞与を貰った後少し時間をおいて伝えるのが良いと思います。
それは、退職する理由や退職後のスケジュールによって異なるかと思います。
これまでの会社との関係性もあるかと思いますので、ご自身の無理の無い範囲で、スムーズに賞与を貰い、退職が出来るタイミングを見極めていただければと思います。


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
退職
ボーナス

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら