質問
2020/10/05 17:53 作成

退職を申し出たところ、年末の賞与は出さないと言われました。
規定上、賞与は4〜9月の80%以上出勤しており、かつ支給日に在籍していることとあり、この要件は満たしています。
退職の申し出は3ヶ月以上前にすること、とも規定されていたのでそのとおりにしたのにもかからわずこの仕打ちは卑怯だと思います。
不服を申し立てたいのですが、これは労基署に言えばよいのでしょうか。これまで貢献してきたのに急に手のひらを返してきたので、こっちも徹底的に対抗してやろうと思います。

匿名
閲覧数:31
回答 1 件
2020/10/06 18:18 作成
やまもとゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

急にルールに従わずに賞与を出さないといわれると、これまでの信頼を裏切られた気分になりますよね。
賞与を出す出さないは会社が決めることができるものですが、おっしゃる通りその基準などは就業規則などに明記が必要です。
会社が賞与を出さなかったり、減額したりする場合は、どのような場合にどの程度の減額がされるのかなどの記載が必要となります。
念のためにもう一度規程を確認いただき、ご自身が規程上対象となっている場合は、会社は必ず賞与を支払わなければなりません。
まずは会社に対して未払い請求をし、会社が対応してくれなかった事実が必要です。
メールや書面、あるいは高騰の場合はいつ誰にどのように言ってどのように対応をされたのかなどを記録しておいてください。
賞与が毎月の基本給の2か月分など金額が決まっている場合は、請求金額を明記して内容証明郵便を送るのもひとつの手です。
内容証明郵便とは送ったものの内容・時期・送付元・送付先を日本郵便が証明してくれるもので、法的証拠として使用されます。
内容証明郵便自体には強制的な法的な効力はないのですが、重大な請求通知などに使われるイメージがあるため「大変なことが起こった」とプレッシャーを与えることができ、真摯に対応してもらえるようになる可能性もあります。
それでも対応してもらえない場合は、対応してもらえなかった事実を持って、所轄のハローワークや労基署に相談してみてください。
場合によっては弁護士に相談するという手段もあります。
ただし、その場合は費用について発生する前にきちんと確認する必要があります。
何より大事なのは、会社からの提案に安易に同意しなことです。
「本人の同意があった」とされると、就業規則や労働契約書どおりでなくても違法とされなくなります。
会社から書面や捺印を求められた際には問題がないかよく読んでから対応されることをお勧めします。
しかし、できれば第三者の介入なくして穏便に済ませることが、無駄な労力がかからなくてよいと思います。
「就業規則に違反した対応を強行される場合、労基署に相談することになると思います。」と会社に打ち明け、それで賞与の支払いに応じてくれるようであればそれが一番良いかと思います。
賞与を得ることが目的なのか、時間や労力をかけてでも会社を法的に罰してもらうことが目的なのか。
後者については、気持ちは晴れるかもしれませんが、それ以上のメリットはないかと思います。
目的を見失わないようにして、ブラックな会社のために貴重な時間を費やすことなく、ご自身の一番やりたいことを実現してもらえたらと思います。


この質問の回答者
やまもとゆき
回答数 44
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。
ゲーム業界などのお話も得意です。
よろしくお願いし...

東京都  

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。 様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。 ゲーム業界などのお話も得意です。 よろしくお願いします!

関連する質問
関連する質問