質問
2020/09/16 16:54

ウェディングプランナーとして働いているのですが、コロナの影響で仕事が激減しており、通常の休みに加えて週2休みの状況です。
休業日は60%の給与が保証されているのですが、生活は苦しく、アルバイトをして補いたいと考えています。
会社からは休業日について過ごし方は自由だが、再開の場合は業務に戻れるようにしておいて欲しいと言われていますが、アルバイトをすることは問題ないでしょうか。

匿名
回答 1 件
2020/09/16 22:34
キャリアアドバイザー 石井伴宜 キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®
キャリアアドバイザー 石井伴宜

キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®

13年程人材業界に従事しております。派遣・職業紹介・請負の事業部責任者として、スタッフ/企業両面の対応経験がござい...

こんばんは。質問者様のようなサービス業はコロナの影響が甚大ですよね・・・。私の元にもサービス業からの転職希望者が非常に多いです。
さて、アルバイトの可否については、質問者様の企業の就業規則で副業をどのように取り扱っているかによります。副業不可となっていれば原則アルバイトは禁止となります。実際、このような状況下で自宅待機期間が増えていても副業を認めず、もめている企業もございます。質問者様の場合「休業日について過ごし方は自由だが、再開の場合は業務に戻れるようにしておいて欲しい」との事ですので、いつでも戻れるようにという条件付きで容認している感じはしますが、念の為、会社に確認をされるのが良いと思います。会社も100%の給与保証をしているわけではないようですので、厳しいことは言えないと思います。兎にも角にも、質問者様の生活が第一ですし、会社は質問者様の今後の生活を守ってくれるわけではございませんので、ご自身の生活を最優先にお考えになってください。事態が好転することを願っております。頑張ってください!


他でも揉めているケースがあるのですね。
こちらは副業は認められているものの、やはり業務に支障があることは禁止なので、
できることを探すのに困ります。でも今の生活を第一にするべきですね。ご親切なご回答ありがとうございました!

匿名
2020/09/17 00:05

この質問の回答者
キャリアアドバイザー 石井伴宜 キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 素材、食品、医薬品技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
アルバイト
バイト
給与
コロナ

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら