質問
2020/09/12 09:49 作成

法人営業をしていて、お客様を訪問した際、上座をご案内いただくことがあるのですが、この場合は素直に上座に座ってしまってよいものでしょうか。
ビジネスマナーでは下座に座るべき、と教えられたのですが、一度下座に座り直して待っていたところ、お客様から案内が悪くて失礼しましたと謝られてしまったことがあり悩んでいます。

匿名
閲覧数:14
回答 1 件
2020/09/12 12:12 作成
相談可 高橋 啓子 国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師
相談可 高橋 啓子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師

管理部門、経営企画部門での長年の経験があり、人事、労務問題や採用、教育、制度設計、法務、情報セキュリティ経験があり...

お客様先に訪問した際に上座をご案内頂くことはよくあります。
ビジネスマナーであれば、取引の関係でどちらがお客様になるのかで上座、下座と考えますからお客様から上座を勧められると恐縮してしまいますよね。
私も最初の頃はどうして良いか迷った経験がございます。
ただ、お客様の立場で考えればどうでしょうか。
「自分の会社に訪問される方は全てお客様」と考えれば、取引上の関係ではなく上座に案内されるのだと思います。
私も管理部に在籍していた際には、来社する全ての方を上座にご案内する、という指導を行っておりました。

お客様先で上座に案内された場合はどうすれば良いか?ということで考えていきましょう。
私の場合は、上座を勧めらえれたら下座に座りなおすことはしません。お客様指定の着席場所を自分で勝手に移動するのは逆に失礼だと考えるからです。
最初に席を勧めて下さるのは面談相手ではなく案内して下さる方の場合が多いと思います。その場合は上座を勧めらたら「恐れ入ります」とお礼を言い、いったん着席します。
そして、面談相手が来るまでは席から立ちあがり、立った状態で相手をお待ちすることにしております。
面談相手がいらっしゃった際に、すぐに挨拶して名刺交換も出来ますし、その後に「どうぞおかけください」と改めて上座を勧めて下さることが多いですね。
その場合は「恐れ入ります、では失礼致します」と言って上座に座るようにしております。
下座に案内されても面談相手が来るまで、座っていることは少ないですね。途中で案内して下さった方が、「おかけになってお待ちください」と言われた場合は素直に座らせて頂き、面談相手がいらしたらすぐに立ち上がれるようにしておきます。
どちらにしても、あまり上座・下座と気にするよりは「配慮して頂きありがとうございます。」という気持を表せる方が良いかと思っております。


詳しく丁寧にご教示いただき、ありがとうございました。
対応の流れで教えていただいたのでとても分かり易かったです。

匿名
2020/09/12 17:41 作成

この質問の回答者
相談可 高橋 啓子
回答数 25
国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師
相談可 高橋 啓子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師

管理部門、経営企画部門での長年の経験があり、人事、労務問題や採用、教育、制度設計、法務、情報セキュリティ経験があります。
現在は組織開発支援の他、研修講師、キャリアコンサルティン...

東京都 東京都目黒区   https://mobile.twitter.com/uriko0102

管理部門、経営企画部門での長年の経験があり、人事、労務問題や採用、教育、制度設計、法務、情報セキュリティ経験があります。 現在は組織開発支援の他、研修講師、キャリアコンサルティング、メンタルヘルス不調の方の支援、コーチングを行っております。 自身のうつ病経験から、個人と組織双方へのキャリアとメンタルの総合支援を目指しています。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問