質問
2020/09/11 10:17

将来政治家になりたいと考えていて、現在大学に通いながら政治家秘書をさせてもらっています。(と、言っても私設秘書でアルバイト程度ですが)
先生からは政治家は不安定で食っていけなくなる可能性も高いから、他の仕事にも就けるようにしておいた方が良いとアドバイスしていただいていて、就活も並行して行うことにしました。
面接などで政治家秘書の経験をお話しすると、あまり良い印象を持たれていないなと感じることが多いのですが、世間的に政治ってイメージが悪いのでしょうか…
採用面接の場では思想に関わる話はNGということも聞いたことがあるのですが、黙っていた方がよいでしょうか。率直なご意見を伺えましたらありがたいです。

匿名
回答 1 件
2020/09/11 21:56
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
キャリアアドバイザー 山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

まわりの反応が悪いと不安になりますよね。
志高く、目標を明確にして計画的に取り組まれていることはとても素晴らしいと思います。
面接で政治家秘書の経験をお話しされるといい印象を持たれないと感じているとのことですが、ご指摘の通り、採用面接の場で支持している政治団体について聞くことがタブーとされていることが影響していると思います。
厚生労働省は、公正な採用選考の基本のひとつとして、本来自由であるべき事項について採用面接の場で質問することを禁止しています。
そのひとつとして「支持政党に関すること」がありますので、面接官もどこまで質問して良いか迷いながら対応している可能性があります。
結果的に、十分な質問が出来ずに採用に至らないということも否定できません。
あなた自身がその会社に入社する意気込みを表明するために必要であれば政治家秘書の経験をきちんとお話しするのが良いでしょうし、戦略的に政治家秘書の話は控えめにしつつ自身の中で計画的なキャリアプランを持っておくのも良いと思います。
「イメージが悪そうだから黙っておく」のではなく、自身のこれまでの経験や矜持に自信をもって取り組み、それを受け入れてくれる会社に入社することが、将来の活動やあなたの人生にいい影響をもたらしてくれると思いますので、ぜひあなたに合った会社を探してみてください!


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

秘書
アルバイト
バイト
大学
面接

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら