質問
2020/09/07 21:23

保険の募集人として働いてるのですが、コロナの影響もあってインセンティブが減ってしまっています。
フルコミッションに近い働き方のため、かなりきついです…
個人事業主として確定申告もしているので、コロナ対策の助成金対象になるでしょうか?
日本郵政では問題になっているようなので申請は控えていましたが、さすがに限界です。ご助言いただけるとありがたいです。

匿名
回答 1 件
2020/09/08 13:29
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
キャリアアドバイザー 山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

不正受給などの問題があると遠慮してしまいますよね。
ご指摘の日本郵政の問題は、新型コロナが理由ではない収入減に対して持続化給付金を申請したため不正受給となった件ですね。
持続化給付金は、新型コロナが理由であれば条件に当てはまれば申請することが可能です。
この「新型コロナが減収の原因かどうか」がポイントになります。
会社からコロナウイルスによる休業指示(顧客先に行かないように、などの指示)が出ていた場合は問題なく申請いただけると思いますが、ケースバイケースとなりますので、正確には問い合わせ窓口や相談窓口にご相談されることをお勧めします。
持続化給付金については2020年9月1日に事務局やサイトが変更となっていますのでご留意ください。

その他に、市区町村単位でも給付金が用意されている地域も多くあります。
情報が多くて探しにくいかもしれませんが、インターネットで情報が出ているところも多いため、検索して探してみたり、お住いの市区町村でご相談されてみると良いかと思います。(明確に保険の外交員の方を対象としている地域も複数あるようでした。)
厳しい状況かと思いますが、少しでも負担の軽くなるよう良い施策があることをお祈りしています。


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 山本ゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

個人事業主
コロナ

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら