質問
2020/09/04 00:22 作成

21卒の就活生です。内定を断った企業から、改めて入社しませんかとお誘いが来ました。
お断りしたにも関わらず、またこうして温かい言葉をかけてくれるのは嬉しく、考え直そうと思ったのですが、改めて連絡が来るってことは、他の人で辞退が出たとか、人数が集まらなかったからかなと邪推してしまいます…
こういうことってよくあることでしょうか。話を聞きに行くにあたり、気をつけるポイントなどありますか。

匿名
閲覧数:20
回答 1 件
2020/09/04 09:27 作成
相談可 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させて頂きます。私は現在外資系人事総務を担当しております。貴殿のご相談内容を拝見させて頂きまして、私も何回か同様なお願いを行った記憶がよみがえって参りました。
以下に、私の人事経験を踏まえて貴殿のケースの場合の企業事情と「話を聞きに行くにあたり、気をつけるポイント」を以下ご説明させて頂きますので参考にしてください。
1.“内定を断った企業から、改めて入社しませんか”の企業側事情
(1)企業も貴殿が他の会社から内定入手されている事を承知でお願いする訳ですので、恐らく貴殿がその企業にとって最も入社して頂きたい人財で有るという強い意志が有る様に思われます。
(2)企業の貴殿に対する思いは(1)までは無いが、その後の候補者が貴殿以上の人財が応募して来なく、万一貴殿が少しでもその企業に興味を継続的に抱いていれば再度入社意志を確認したい思いがある。
2.“話を聞きに行くにあたり、気をつけるポイント”
(1)先ず、面談に際し“再度、お声をかけて頂き光栄である”感謝の意志を伝  える。
(2)再度、ご依頼を頂いた会社側の根拠と趣旨の確認を行ってください。
  *何故、私に声を再度かけていただいたのか?
(3)もし、貴殿が有る条件(報酬・配属部門希望)を提示すれば再検討の余地が有ると思っているなら率直に要望して、企業として承諾するか確認してください。
*最後に
人事的には本件の様なケースは余り有りませんが“専門的分野(技術分野・語学・資格保持者)”の採用の場合は企業から是非入社して頂けないか?再度、お声をかける場合も有ります。この様な経験は滅多に有りませんので、私個人的には“良い経験になりますので再度面談を行い、先方の条件等”お聞きされても損は無いと思います。
以上が少しでも参考になれば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


この質問の回答者
相談可 佐藤 豪
回答数 128
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問