質問
2020/09/02 01:48 作成

単位が足りず留年することが決まってしまいました。内定先に報告したところ、内定は取り消し、来年改めて受け直しとなってしまいました。
自分に問題があるのではもちろんですが、やはり待ってもらうのは難しいでしょうか。

匿名
回答 1 件
2020/09/02 22:58 作成
やまもとゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

自分のミスであったとしても内定取り消しになったことはショックですね。
単位が足りずに留年ということは、今後も授業を受けなければならないということかと思います。
そうなるとやはり会社側も学業に集中して欲しい、まずはきちんと卒業して欲しいという思いもあると思います。
日本の会社は、新卒は卒業見込みの学生を一括採用することが多く、おそらく今回もそのようなパターンと想定しますが、その場合、その年の採用計画や教育計画が既に用意されています。
学業に集中して貰っている間は就業が出来ずに、そのプランに合流することが出来ないとなると、会社としてはあなたの卒業を待つことは難しいかもしれません。
翌年の採用計画は今年のものとは異なりますので、改めて採用試験を受けて欲しいという思いもあるかもしれません。

厳しいようですが、予定通りに単位を取得できなかったという事は、自己管理ができていないという悪い評価につながっていることもあります。
しかし、一度失敗をしても、その後きちんと対策ができていれば、問題解決能力のある人として高評価される場合もあります。
単位を取得できなかったことに対して、その後どのような努力をし、どのような成功を収めたか、その経験が今後どのように活かせるかを話せるように準備をしておきましょう。
まずは、きちんと単位を取得し、卒業することを目指し、ひとつずつ誠実に実行していけば、あなたの考えを理解してくれる会社ときっと出会うことができると思います。


この質問の回答者
やまもとゆき
回答数 67
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

東京都  

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。 様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。 ゲーム業界などのお話も得意です。 よろしくお願いします!

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら