質問
2020/09/01 12:26 作成

現在大学生ですが、サークル活動の一環で起業をしてみようと考えています。
卒業時には解散する予定で2年間限定で合同会社を設立しようとしているのですが、はじめから解散を予定した設立は認められるのでしょうか?
また事業を起こす経験は、今後の就活などで企業側にプラスのイメージを持ってもらえるでしょうか?
詳しい方のアドバイスをいただければ嬉しいです。

匿名
閲覧数:15
回答 1 件
2020/09/01 22:09 作成
相談可 やまもとゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
相談可 やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

起業しながらも就職活動のことを考えるとなると不安なことも多いですよね。
まず合同会社の設立に関しては計画の中に解散があったとしても、それを第三者に明示しておく必要は無いため、解散を予定した合同会社の設立は仕組み上は可能です。
一方で、戦略的に周知する必要があったり、仮に出資を募るようなことがあれば解散の予定なども正確に出資者に伝える必要があります。
その際に、何らかの外的要因で合同会社の設立を否定される可能性は排除できません。(途中で投げ出す前提なのかといったモラルに訴えられる、出資を拒否される、など)
よって、他者に納得してもらえる十分な計画や理由を事前に考えておく必要があります。
就職活動で起業をアピールする場合も、理由については必ず聞かれることになるのでしっかりと準備しましょう。
就職活動の際のイメージについては起業をしたということだけではあまり効果はありません。
どうして起業しようと思ったのか、そこでどのような経験を得られたのか、など、自身が感じたことや得られた事が評価されるポイントになります。
そこにある思いを伝えることがオリジナリティになりますので、ぜひ精一杯サークル活動に打ち込み、たくさんの経験をして、あなたの思いや経験を就職活動で伝えてみてください。


アドバイスいただきありがとうございます。
注意点など気をつけたいと思います。
また就活の際にもしっかりと想いや経験をアピールできるようにしていきます。

匿名
2020/09/02 00:13 作成

この質問の回答者
相談可 やまもとゆき
回答数 25
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
相談可 やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。
ゲーム業界などのお話も得意です。
よろしくお願いし...

東京都  

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。 様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。 ゲーム業界などのお話も得意です。 よろしくお願いします!

メールで相談する
関連する質問
関連する質問