質問
2020/08/31 13:45 作成

オフィス機器の営業職をしています。これまで飛び込み営業で成績を伸ばすことができていましたが、コロナの影響からか門前払いが増えて会うことすらかなわない状況です。
テレアポに切り替えているのですが、全然やり方がわからず、どうすればいいか困ってしまっています。
テレアポ営業でうまくいくにはどうしたらよいか、教えていただけないでしょうか。会社の先輩もテレアポは初めての人ばかりで聞くことができません。お願いします!

匿名
閲覧数:15
回答 1 件
2020/08/31 16:47 作成
相談可 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させて頂きます。私は現在、外資系人事責任者をしておりまして営業畑ではございませんが会社には営業部門で貴殿と同じ様な業務に従事し孤軍奮闘しておる部門がおり時々大変な情報を入手しております。その中で私が以前営業時代経験した事例と現在弊社で苦労している中で大事な点を下記致しましたので参考にしてください。
1.テレアポの大事な点(事前準備〜挨拶)
(1) 出来るだけ事前調査をする
*企業の業務内容をHP&決算報告書等分析し、問題点と可能性を発見する
*過去のその企業が導入した御社に似たサービス業務を確認
(2)先方の企業が面している危機等、ご自身で検討する
2.姿勢・態度・声等のテクニック
(1)声のトーン、明確な特徴有る性格を前面に出す
(2)挨拶は相手が聞き取れ安く名乗りをしっかりする
(3)連絡する時間帯・タイミングを先方の都合に極力合わせる
3.説明テクニック(案)
(1)説明は簡潔に、PPだと2枚程度に収める
(2)喋り過ぎず沈黙を敢えて怖がらない様にする
(3)相手との共通話題が有れば、先方に沢山喋って頂く
(4)説明・解説内容は相手に合わせて、相手に気持ちよく喋って頂く
(5)成功例・普通・良くない説を上手に選択して話す
(6)次回に続く内容でクロージングする。
*弊社では
テレアポは極力、習慣化し毎日、1件でも連絡する。結果ではなく行動に重点を置き「テーマを決め、記録し、次回の改善に役立てる。積極的に上司・先輩・同僚の助けを借りて決して“落ち込まない”テレアポを楽しむ」感覚に自身を納得させてください。
テレアポは所謂、業界的には新薬発見と同じくらい大変な業務です。「千件電話して3件程度、成約する」の感覚で頑張ってください。以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


この質問の回答者
相談可 佐藤 豪
回答数 128
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問