質問
2020/08/30 21:57

美術系の大学でイラストについて勉強しています。就活において「ポートフォリオ」を用意した方が良いと大学のキャリアセミナーで伺ったのですが、ポートフォリオってなんですか?
ググってみてもいろんな情報がでてきて、結局なんなのかよくわかっていません…

匿名
回答 1 件
2020/08/31 11:36
小林 純子 キャリアアドバイザー
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。
確かにwebには様々なポートフォリオがあり混乱しますよね。

キャリアセミナーで学んだかもしれませんが、ポートフォリオとは美大生にとっての履歴書、作品集と言えるものです。就職を希望する企業の面接時に持参して担当者に見ていただき、あなた自身や作り出す世界観を知っていただく重要なツールです。

とは言え、30〜60分の面接時間で担当者が実際にポートフォリオを見るのは5〜10分です。その事を踏まえ、いかにコンパクトに自分のスキルや作品を相手に伝えることができるポートフォリオを作れるかが勝負になります。

webで様々なポートフォリオを見たようですが、まずはご自身の作品や思いと向き合ってください。自分はどのような人間か、今までに描いてきた作品、受賞歴はどのようなものか、そしてその会社で何をしたいかです。会社によって方針や得意な分野、求める人材が違うので、ポートフォリオは面接を受ける会社ごとに作成する必要があります。

あまりお金をかける必要はありませんが、紙質や印刷のクオリティはそれなりに気をつけた方が良いと思います。冒頭に持ってくる作品のセレクトや全体の雰囲気、統一感にセンスが問われます。自分が好きな雑誌や、書籍などを参考にしても良いと思いますが、自分の世界観がわからなくなってしまわないよう気をつけてください。自分をアピールするオリジナルのポートフォリオ作りをどうぞ楽しんでくださいね!


この質問の回答者
小林 純子 キャリアアドバイザー
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル

就職・転職支援を申し込む
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
大学

キャリアサービス販売

就職・転職支援

経験豊富なキャリアアドバイザーから、
キャリア相談、非公開求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら