質問
2020/08/30 12:22

失業手当受給中に、2箇所でアルバイトすると手当はもらえなくなりますか?

匿名
回答 1 件
2020/08/31 04:28
蓑田 真吾
社会保険労務士
蓑田 真吾

社会保険労務士

社会保険労務士の蓑田と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労...

自己都合退職の場合は給付制限期間(通常3か月)経過後では、失業手当を受給しながら収入がある場合、以下の点に注意する必要があります。

・ 1日4時間未満:内職(減額調整)
・ 1日4時間以上:就職(失業の認定を先送り)

しかし、1日4時間未満で、かつ実際には内職収入と称していてもそれに専念するためにハローワークの職業紹介にすぐには応じられないなど、他に求職活動を行わない場合は、働く意思および能力がないとみなされ、失業手当が受給できなくなる場合があります。

また、4時間未満であっても、雇用保険の被保険者となる場合も就職に含まれる場合も失業手当は受給できなくなります。

就職の場合は、前述のように失業の認定を先送りします。よって、受給期間(原則、離職日の翌日から1年間)の終了日が先に到達してしまうと、受給できない分が発生してしまう場合があるということです。
また、就職は現実の収入の有無は問わないことと、週に20時間以上かつ、1日4時間以上の場合、31日以上の雇用が見込まれれば雇用保険の被保険者となります。
そうなると事実上、完全に就職していることから、失業手当は打ち切りとなります。

2個所でのアルバイトの場合、65歳未満の方であれば雇用保険の被保険者になるか否かは「合算して考えません」。しかし、内職収入や就職の実態は正確に申告することが求められます。


この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
失業
アルバイト
バイト

キャリアサービス一覧