質問
2020/08/30 12:22 作成

失業手当受給中に、2箇所でアルバイトすると手当はもらえなくなりますか?

匿名
回答 1 件
2020/08/31 04:28 作成
継続 社会保険労務士
継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労...

自己都合退職の場合は給付制限期間(通常3か月)経過後では、失業手当を受給しながら収入がある場合、以下の点に注意する必要があります。

・ 1日4時間未満:内職(減額調整)
・ 1日4時間以上:就職(失業の認定を先送り)

しかし、1日4時間未満で、かつ実際には内職収入と称していてもそれに専念するためにハローワークの職業紹介にすぐには応じられないなど、他に求職活動を行わない場合は、働く意思および能力がないとみなされ、失業手当が受給できなくなる場合があります。

また、4時間未満であっても、雇用保険の被保険者となる場合も就職に含まれる場合も失業手当は受給できなくなります。

就職の場合は、前述のように失業の認定を先送りします。よって、受給期間(原則、離職日の翌日から1年間)の終了日が先に到達してしまうと、受給できない分が発生してしまう場合があるということです。
また、就職は現実の収入の有無は問わないことと、週に20時間以上かつ、1日4時間以上の場合、31日以上の雇用が見込まれれば雇用保険の被保険者となります。
そうなると事実上、完全に就職していることから、失業手当は打ち切りとなります。

2個所でのアルバイトの場合、65歳未満の方であれば雇用保険の被保険者になるか否かは「合算して考えません」。しかし、内職収入や就職の実態は正確に申告することが求められます。


この質問の回答者
継続 社会保険労務士

東京都    https://twitter.com/kz2019sr

社会保険労務士の継続と申します 労働及び年金等のセミナー講師、 相談等幅広くお受け致します 得意分野は労使Win-Winの労務管理です 1人でも多くの方のお役に立てればと思います 宜しくお願い致します

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
はい。在職中でもご利用いただけます。ご面談のお時間などご都合の良い日時をご指定いただけたらと思います。 ただし、どうしても担当キャリアアドバイザーと日程が合わない場合は、他のキャリアアドバイザーが担当する場合もございますので、ご了承くださいませ。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をして、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら