質問
2020/08/22 13:46

正社員なら残業を拒否することはできない運命ですか?特に契約上では何時間残業するなどは決まってないと思われますし、残業は残業代をもらって嬉しいと思う人だけにして欲しいです。それなら派遣社員になればとなりますが雇用が不安定です。法律では会社から言われた残業は拒否できないものなんでしょうか?詳しい方のご意見をお願いいたします。

匿名
回答 1 件
2020/08/22 14:18
アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級
アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタ...

残業についてのご質問ですね。
現在の労働者としての立場が不明なので一般社員であることを前提にお話を進めさせていただきますが、残業時間については制限があります。
会社の就業形態にもよりますが、36協定という労使協定を従業員と使用者が締結し、その範囲内でなければ残業は許可されません。36協定の提出をしていない会社は原則残業をさせることが出来ません。
また、残業については正当な理由がある場合は拒否することが出来ます。
正当な理由の例としては下記が該当します。

①妊娠している・出産をしてから1年未満
②体調不良
③育児・介護が必要な場合
④法律で定められた時間を超えた残業
⑤残業代が支払われていない

残業をしたくないということは、何かご事情があると思います。その理由を上司などに相談することができるようであれば相談された方がよろしいかとおもいます。
また、一方であまりに過度の残業を押し付けてくるなどありましたら、外部機関として総合労働センターなどへご相談されたほうがよろしいかと思います。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

残業
雇用
正社員
派遣社員
派遣
法律

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら