質問
2020/08/19 14:16 作成

高校3年生です。大学進学を目指していましたが、就職も視野に入れて将来を考えています。
僕は車に関わる仕事で特にトラックドライバーに興味があります。その理由2つあります。
1つ目は、荷物を運んでお客様にいつもありがとうとそう言われて頑張れるトラックドライバーです。
2つ目は、旅が大好きでトラックドライバーになり、仕事を兼ねて全国を旅できると思い描いています。
ここで質問です。両親が「危険と隣り合わせで何時も心配」「仕事の環境がきつく収入も良くない」の2つの理由でトラックドライバーに反対です。
どうにかして親を納得させたいのですが、何かよい言い方はありませか?アドバイスをお願いします。

匿名
閲覧数:18
回答 1 件
2020/08/20 18:00 作成
相談可 はなふさ英 定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
相談可 はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役し4年が経過しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中で...

高校3年生で就職も検討中ですね。自分の希望に沿った形で仕事に就くことは大事です。トラックドライバーの希望ですね。トラックの運転免許書は18歳からです。確りと取得しましょう。

若手のトラックドライバーは減少傾向にあります。多くの求人先があります。よく吟味し応募しましょう。先ずは、助手席からのスタートと思います。先輩の運転見習いから始まります。

子どもは、ダンプカーに乗っています。ご両親の気持ちは手に取るように分かります。本題の質問2つに回答します。ご両親が納得する「危険と隣り合わせのリスク」と「仕事がきつく体調が心配」について回答です。

1.確かに、トラックドライバーは、万一のリスクは大きいです。それを乗り越えての憧れのトラックドライバーの仕事に付く決意を熱意と情熱をご両親に話しましょう。

2.リスクについては、最初は助手席からスタートし、見習い運転から開始されます。質問者の運転技術や運転技能を見てプロのトラックドライバーに通用すると認められてから本格的なトラックドライバーになります。

3.就職先の事前調査と面接時、必ず、万一の場合の任意保険と正式にトラックドライバーになるまでのステップを確り正します。そのことをご両親に説明します。

4.現在のトラックは乗用車並みあるいはそれ以上の乗り心地になっているといわれています。長距離、長時間運転になります。体調管理を怠らず絶対に無理な行動や運転をしない限り大丈夫と言えます。

5.年収は、20歳前後で平均400万で一般会社劣る事はありません。将来的には、統計からみれば、60歳前後が一つの区切りで、その間、信用を築けば自家営業も可能です。

以上、ご両親の100%納得に至ると考えています。一般社員に比較しトラックドライバーは、高いレベルの自己管理が必要です。安全運転、運転集中管理、冷静な心構えが要求されるのがトラックドライバーです。


この質問の回答者
相談可 はなふさ英
回答数 23
定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
相談可 はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役し4年が経過しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

人生100年と言われていますが、果たしてそれが幸せな事...

滋賀県 滋賀県守山市 

全ての対外的現役から退役し4年が経過しています。 最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。 人生100年と言われていますが、果たしてそれが幸せな事でしょうか。幸せは如何にして心身が健康寿命に終末が迎えれるかです。 同時にそれは、日本の最大の課題といえます。国家予算の5割近くなろうとする、50兆円もの膨大な医療予算を費やしつつあります。 何を大げさに高齢者のたわごとかと思われましょうが、健康寿命は、未来がある若年層が幸せに暮らせるための恩返しです。高齢者の医療費全般の節減がその一つです。 男女を問わず75歳以降から人体の衰え、衰弱が顕著になります。しかしながら、その内容は微妙に個人差があり、自らの5感に感じる感覚に違いがあります。それは、たとえ夫婦であっても分かりあえないのです。 健康寿命の基本は、「快食」「快便」「快眠」のリズム生活あり、さらに、目標を持って暮らすことではないでしょうか。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問