質問
2020/08/17 22:43

派遣社員として働いていてもう5年近くになります。3年を超えると正社員雇用にしてもらえるという話をきいて派遣元に相談したのですが、同じ会社でも部門が変わっているから対象外と言われました。
部門が変わったといっても違うフロアに変わった程度なのにダメなのでしょうか。また期限が近づくと違う部門に回されそうで心配です。
正社員にしてもらうのはやっぱり現実的には難しいのでしょうか。

匿名
回答 2 件
2020/08/18 15:01
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
キャリアアドバイザー 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。
派遣として5年働き、正社員になれるか確認したところ、部門が変わっているので対象外と言われたのですね。

派遣法では、有期雇用派遣社員は同じ部署で3年以上働けず、別の雇用形態か他の派遣先に移らなくてはいけない「3年ルール」と呼ばれる決まりがあります。

ご相談者さまは5年近く派遣として働いているので、正社員への登用を期待されたのだと思います。しかし、このルールには抜け道があり、それがこんかいご相談があった部門異動です。

派遣として労働契約を結ぶ際に、業務の内容や、組織、指揮命令する者(直属の上司)を定める必要があります。ご相談者さまは違うフロアに変わった程度ということですが、組織名が変更すれば最初に結んだ派遣契約の変更や再契約が必要になります。そして、契約が変わった時点で今までの勤務年数はリセットされそこから3年間がカウントされます。

そもそも派遣先会社は派遣社員の異動を命じることはできませんが、部門が変わる際に派遣先企業や派遣会社から説明はありましたでしょうか?期限が近づくとまた別の部門に回されそうでs不安になるお気持ちわかります。部門変更は派遣先会社、派遣会社、そしてご相談者さまの合意が必要です。部門が変更になりそうな場合は、必ず派遣会社に相談してください。

もし、正社員への登用を希望するのなら派遣先が切り替わるタイミングで「紹介予定派遣」で働きたいと派遣会社に伝えてみてはいかがでしょうか。「紹介予定派遣」は、最長6ヶ月の派遣期間が終わった後、派遣先会社で正社員を目指せる働き方です。ご相談者さまは5年近くもしっかり働けている方です。派遣会社に意向を伝え、契約内容を必ず確認し望む働き方してください。応援しています!


ご親切にありがとうございます。
部署異動が抜け道なのですね。。。
変わる際に説明はありましたが、正社員の件は未確認でした。
紹介予定派遣を申し出てみるべきですね。応援もありがとうございました!

匿名
2020/08/18 23:45
2020/08/18 18:08
高橋 啓子 国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師
高橋 啓子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師

管理部門、経営企画部門での長年の経験があり、人事、労務問題や採用、教育、制度設計、法務、情報セキュリティ経験があり...

「3年を超えると正社員雇用にしてもらえる」と聞いていたのに派遣社員のまま、ということなのですね。このまま続けても期限が近付けば同じことが起こるのではないか、と不安なお気持ちになりますよね。

2015年に改正された派遣法では下記が追加されました。

①事業所単位の期間制限
派遣先の同じ事業所における派遣労働者の受け入れは上限3年

②個人単位の期間制限
派遣先の同一組織単位(課)における派遣労働者の受け入れは上限3年
ただし、派遣元で無期限に雇用されている派遣労働者や60歳以上の派遣労働者は対象外となります。

上記から、あなた様のケースを考えてみたいと思います。
フロアが違っても同じ部署であれば、②には該当しませんので派遣として働き続けるのは問題になります。
部署自体が変わっている場合は、派遣元のいう通り②に該当しますので、別の部署で派遣として働き続ける事が出来ます。
これを踏まえて、どちらに該当するか確認された方が良いと思います。
また、改正派遣法では、下記も追加されています。
「雇用安定措置の実施」
これは、希望する人へのキャリアコンサルティングの実施、教育訓練の実施のほかに「3年間派遣される見込みがある派遣労働者に対し、雇用安定措置を講じる」というものです。
この中の「雇用安定措置」とは、以下のようなものです。
①派遣先へ直接雇用を依頼する
②新たな派遣先を提供する
③派遣元で無期雇用する
そのほか、安定雇用を継続するための措置を講じる
ただし、1年以上3年未満の雇用期間が見込まれる派遣労働者に対しては、努力義務となっています。

ただ、残念ながら、法律的には①も③も正社員雇用にしなくても問題ないのです。

あなた様が聞いた「3年を超えると正社員雇用にしてもらえる」という雇用先は①と③のどちらでしょうか。
契約時に派遣元から約束があったのならば、口頭でも契約となりますので、派遣元にその旨伝え話し合いをされた方が良いかと思います。


そうですね。口約束も曖昧なところもあったため、もう一度、派遣元としっかり話し合いをする必要がありますね。
ご丁寧なアドバイスありがとうございました。

匿名
2020/08/18 23:54

この質問の回答者
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

雇用
正社員
派遣社員
派遣

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら