質問
2019/02/01 14:55 作成

税理士または公認会計士になろうと考えていたのですが、将来AIによって消えてしまう職業に入っているとのことです。本当にこれらの会計職は将来消えてしまうのでしょうか?
どちらも試験は超難関で合格には5〜10年かかることもザラにあるそうでが、それだけ苦労して受かったとしても、職業自体がなくなってしまうと思うとやる気を見出せません。
変な質問かもしれませんが、他の方の意見が聞きたいです。よろしくお願いします。

senbei
閲覧数:44

回答 2 件

2019/02/02 20:07 作成
相談可 Shuji Tenra エンジニア
相談可 Shuji Tenra

エンジニア

本サイトJobQueryの開発をしております。仕事に悩みや困りごとがある人にとって少しでもお役に立てるようなサービ...

"AI(人工知能)の進化によって消えるであろう職業"は会計職に限らず、私のやっているプログラマーの仕事も含めたくさん上げられているようですね。

将来のことはわかりませんが、私はこの疑問に関して楽観視しています。私の予測では、このままAIを含めテクノロジーの進化の結果起こることは"デジタルとアナログの2分化"の拡大だと思っています。
例えば、十数年前にスマホやタブレットが世に出た時、それらで新聞や本が読めるから、出版業界の終焉だとメディアで騒がれました。けれど今どうなったかというと、出版社の発行部数は下がったかもしれませんが、相変わらず、本物の新聞が好きな人は新聞を買っているし、電子書籍より現物の本の方が好きだという人はいなくなりません。
名刺アプリが出てきて、それを愛用している人は増えたかもしれませんが、やっぱり今までどうりの紙の名刺の方がいいよね。って方、めちゃくちゃ多いです。
テクノロジーの進化によって僕たちの選択肢は大きく2分化したと思いますが、それは職業にも当てはまると思います。監査業務・コンサル業務をAIが重要事項を説明して、クリック一つで完了という時代が来るかもしれません、しかし、実際に信頼・実績のある人に任せたいという人はきっといると思います。人と人が繋がって新たな仕事に繋がることもあるでしょう。

それでも失業者は増ると心配するなら、大事なことは"変化に順応すること"です。僕はビジネスの世界で現状維持はないという言葉を信じています。昨日と今日は同じに見えて同じじゃない。自分が変わらなくても世の中はものすごいスピードで動いている。上がるか下がるかのどちらかだ。だから、常に世の中の変化に気を配って、常に学び続け、変化に順応する精神を持っていれば、将来自分の仕事が危うくなってもいくらでも可能性はあります。
それよりも、将来の来るかこないかわからない危機を心配して、自分のやりたい仕事をしない方がある意味でリスクだと思います。

このまま決定的な技術が世に出ずに終わる可能性もあります。スマートフォン市場は2017年に飽和状態に達し、成長が止まったとの声も聞かれます。自動運転車の開発の歴史は1900年代からありますが、実用化はいつになるでしょうか?10年後かもしれませんし、50年後かもしれません。
だから、今学びたいと思うことはやめないで、そして学び続けてほしいです。

2019/02/03 08:53 作成
kajitani 司法書士
kajitani

司法書士

新米 司法書士です。経験不足で、間違ったこともあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

AIや新技術で、今と同じ形で士業の仕事があるとは思いませんが、なくなることはないと思います。
各種書類作成や手続き、提案だったり、AIが代行してくれることが増えても、最終決定は人がやるべきこと。
むしろ私は、AIを利用してこれまで必要とされてきた単純労働がなくなり、早い納期で仕事を仕上げる方向性に行く余地があるとさえ思っていますけど。


関連する質問