質問
2020/08/15 21:15 作成

みなし残業代という制度はおかしいのでは無いでしょうか?
私の会社は30時間分の残業代は給料に含まれていて、内訳も記入されています。21万(みなし残業代8万円<30h分を含む>)と記載されていますしその通りに支給されていますが、仮にみなし残業代が出なかったら<21万円ー8万円=13万円>になってしまうという事ですよね?
純粋な基本給が13万円ということに純粋に恐ろしさを感じたので、みなし残業代のメリットデメリットや、どうしてこのような制度は何故できたのか?などを知りたいです。それを知った上で納得いかなければ、みなし残業代が無い同業他社に転職したいと思っております。ご回答よろしくお願いします。

匿名
閲覧数:20
回答 1 件
2020/08/16 08:52 作成
相談可 継続 社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労...

基本給13万円はI時間あたりに換算し、最低賃金を下回っている場合は、公序良俗(民法90条)に反し、みなし残業代制度は無効と判断されます。

尚、公序良俗とは、社会の一般的秩序を意味します。

労働者の方のメリットは、たとえばみなし時間が20時間と設定されている場合、5時間しか残業がなくとも20時間分の残業代が支給され、30時間の残業があった場合、追加で10時間分の残業代の支払いがあります。効率よく短時間で業務を行える労働者の場合はメリットがあると言えるでしょう。

導入の経緯としては、会社の給与計算の簡略化が挙げられます。前述の20時間みなしの場合、実際の残業が20時間分までは、残業代を計算する必要がありません。

他には生産性の高い労働者への求人効果も期待できると考えます。

参考までに、みなし残業は、
・合意が取れていること(個別合意や就業規則による)
・明確区分性(通常の賃金と明確に区分する)
・精算(何時間分をみなすのかを明示し、かつそれを超えた分は精算する)

などの要件を満たしていなければなりません。


ご回答ありがとうございます。
みなし残業代では、設定された時間未満でも固定の残業代が出るとのこと、その他のメリット理解できました。
しかし、言われるように最低賃金を下回っていると思われます。
基本給だけで給与の良いところを選ぶのが良い選択と言えますね

匿名
2020/08/16 22:51 作成

この質問の回答者
相談可 継続
回答数 67
社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労使Win-Winの労務管理です

1人でも多くの方のお役に立て...

東京都    https://twitter.com/kz2019sr

社会保険労務士の継続と申します 労働及び年金等のセミナー講師、 相談等幅広くお受け致します 得意分野は労使Win-Winの労務管理です 1人でも多くの方のお役に立てればと思います 宜しくお願い致します

メールで相談する
関連する質問
関連する質問