質問
2020/08/15 09:30 作成

コロナの影響でお盆休みも帰省は控えるようにと会社から伝達がありました。
確かに言っていることは分かるのですが、プライベートのことまで会社が口を出すのは違うのではないかと思います。法事もあるので実家に帰るため、何か言われるのではないかと心配です。
こういうことってよくあるんでしょうか?職場は学校ではないに、いちいち言われるのは苦手なので、できるだけ干渉されるのは避けておきたいです。

匿名
閲覧数:18
回答 1 件
2020/08/16 23:23 更新
相談可 船方 理絵 国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師
相談可 船方 理絵

国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っていま...

こんにちは。
こういうことってよくあるんでしょうか? とのことですが、
干渉されて嫌だなというお気持ちも分かるのですが、残念ながら、よくあることだと私は思います。

質問者様がお勤めのご職業がわからないので一般的な回答となってしまいますが、
会社側としては、コロナ感染者が従業員から発生することによって、資金面や社会的責任という面で甚大な損害が発生するため、それを避けたいと経営者陣は当然考えます。

甚大な損害というのは業種によって大きく変わりますが、
例えば企業であれば濃厚接触者として社内や取引先企業も含めた休業や外出自粛にPCR検査が必要だったり、その間事業は休業状態で会社の収益はなくなり、社内の消毒作業をはじめ、テレワークを推奨しようにもその設備を整えることが間に合わなかったり、慣れないテレワークで従業員の仕事の生産性が低下したり、さらにコロナ感染者が出たと風評被害まで広がり、それによっても事業収益が取れなくなり経営破綻や倒産に追い込まれるような自体にもなりかねません。

ですので、会社から「お盆でも帰省を控えるように」という伝達は、会社を守るため、そして従業員の雇用を守るためには、会社側としては当然伝えなければならない事だったと私は思います。
(コロナのせいで突然会社が無くなって仕事もなくなり、収入を得ることが出来なくなったら、困りますよね…)

コロナというのは、ただのウイルス性の治療薬のない病気、という事だけではないのです。
休業要請や外出自粛により日本中で消費されるはずだったお金の流れがストップしてしまい、世の中の多くの企業が倒産、もしくは厳しい経営状況に追い込まれています。
そういう事を引き起こしているのも、このコロナの影響なのです。

質問者様は会社側にプライベートのことまで口を出されて干渉してほしくないな、と嫌な思いをされたと思いますが、
会社側にも、社会的にも、このような理由があって、従業員にわざわざ伝えなければいけない状況でもあることも、知って頂けたらと思います。

日本全国的に感染者も増えています。今は、法事があっても実家に帰りたくても、出来れば自宅に留まっておくほうが無難な気がします・・・
もし質問者様がどこかで感染され、ご両親やご親族に移してしまったら…、もし感染したとしたら、会社側にもその事についてご自身で伝えなければいけなくなります。

質問者様にはなるべく不利益を被ってほしくないと私は思います。
今はやりたいことも出来なくて本当につらい時期ですが、今我慢すれば、後で我慢する期間も短くなります。

少しご質問とそれた内容も含まれてしまいましたが、私からのアドバイスとして見て頂けたらと思います。

つらい時期ではありますが、このコロナ架を頑張って乗り切りたいですね。

こちらの回答でなにか参考になることがあれば嬉しいです。


おっしゃる通り、会社としても、たとえ社員に嫌われても社員やその家族を守るために、厳しく伝えなければいけない立場なのかもしれませんね。
丁寧にご意見いただきありがとうございました。

匿名
2020/08/17 00:17 作成

この質問の回答者
相談可 船方 理絵
回答数 18
国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師
相談可 船方 理絵

国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っています。若者支援大手の認定NPO法人所属。
若者と同じ目線で支援者と...

東京都  

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っています。若者支援大手の認定NPO法人所属。 若者と同じ目線で支援者として関わることに内外から定評あり。 若者へのキャリアコンサルティングと、グループファシリテーションが得意です。 コミュニケーションスキル・自己理解系セミナー講師歴3年、年間約130本のセミナーを実施しています。 ※2020年10月より、zoom等を使ったオンラインでのキャリアカウンセリングを開始予定です(土日限定) 就活やお仕事に悩みを抱える若者の皆様、ぜひご相談ください。 わかりやすく丁寧に、ご相談お受けします。 詳しくは下記の「メールで相談する」からお問い合わせください。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問