質問
2020/08/11 23:49

保険の外交員として働いていますが、対面営業ができない状態で収入が大幅に下がってしまいました。
助成金を申請していたのですが、個人事業主としての実態がなく、雇用関係に当たるため申請が認められないと言われてしまいました。
確かに昨年は毎月一定額をもらっていましたが、今年から歩合率があがり、ほとんど歩合による収入となっています。
昨年の実績で判断されるとのことですが、こういうケースでは申請は認められないのでしょうか。どこか労働局以外に相談できるところはないでしょうか。

匿名
回答 1 件
2020/08/12 08:16
アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級
アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタ...

ご質問の内容から詳しい現在の就業状態がわかりかねるのですが、申請されたのは雇用調整助成金でしょうか?それとも持続化給付金などでしょうか?
雇用関係があるようでしたら雇用調整助成金の対象にはなるかと思うのですが、休業手当などは受けれなかったということでしょうか?
雇用関係があるようで、休業手当などをもらえなかった場合は、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象となる可能性もあるかと思います。(中小企業の労働者が対象になります)

各自治体の労働局にコロナに関する相談窓口がございますので、現状のお仕事の状態などを再度ご相談されたうえで、申請できる助成金があるかご確認された方がよろしいかと思います。
また、それ以外で相談窓口としてご利用できそうなサイトを以下に記させていただきます。ご自身のお住いの自治体へもご確認されることも有効かと思います。

新型コロナウイルス感染症の影響による特別労働相談窓口一覧
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/index_00004.html

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
0120-221-276

(その他相談窓口)
厚生労働省の「生活困窮者自立支援制度」の全国の都道府県の相談窓口
https://www.mhlw.go.jp/content/000614516.pdf
経済産業省の「新型コロナウイルスに関する中小企業金融相談窓口」
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200311003/20200311003.html


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

雇用
個人事業主
営業

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら