質問
2020/08/09 21:35 作成

私は今年で1年目の会社員です。1年目とはいうものの、家庭の事情でブランクがあるため、同期よりも数年歳上です。
入社して配属された部署はとても優しい人が多く、教えて頂ける雰囲気も多分にあり、仕事を進めるにはとても良い環境と思います。
しかし、最近私はそういった具体的な仕事内容ではなく、自分の性格や気質の面で壁に直面しています。
例えば自分はその時のノリや感情でつい思ったことをそのまま口に出したり、また、誰かに確認をとった上で自分が行った仕事にミスがあった場合、○○さんに聞いたけどな、みたいなことをうっすら話してしまい自分は確認とったというのを言いたいがために、人のせいにしてしまうような言動をしたりします。他にも会話も正直に詳細に話したがりで、他の人は最低限突っこみどころを作り相手にその反応をさせるといった駆け引きができなかったりします。
その割に発言したがりで気分が高揚していると根拠の無い自信をもって発言してしまったりします。傲慢です。

結果的に周囲の人間との関係も悪くなったりミスもすることに繋がったりする言動を自分が行っていると思っています、
こういったことは能力とは別の、自分の性質や性格や気質によるものであり、とても直したいと思っていますが方法が分かりません。
いい大人なのに精神が未熟で非常に恥ずかしいです。後から家に帰って後悔をずっとしていて辛いです。自分より年下の職場の同僚の方がよっぽど理性的で成熟しています。
なにか直すのに良い方法はありますでしょうか…?

匿名
閲覧数:25
回答 1 件
2020/08/10 16:21 更新
相談可 船方 理絵 国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師
相談可 船方 理絵

国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っていま...

はじめまして。
職場はとても良い環境なのに、ご自分の行動について後悔したり、とても悩まれているのですね。
質問者様の現在の辛いお気持ちが文章からとても伝わってきました。

質問者様が 「周囲の人間との関係も悪くなったりミスもすることに繋がったりする言動を自分が行っていると思っています」 と思われたことには、なにか具体的なきっかけがあったのでしょうか?

家に帰ってずっと後悔して辛い、いい大人なのに恥ずかしい、と毎日のように思われているとしたら、ものすごく心が痛くて、辛いお気持ちの日々でいらっしゃると思います。

本当に「傲慢」な人なら、起こった事は全て他責にして終わりだと思います。
質問者様のように、家に帰って後悔したり辛いと思ったり、同僚の方が理性的で成熟していると周りの方を認める、なんてことはしないと思います。

私は質問者様の文章から、本来優しくて繊細な方なんだろうな、と感じました。
それゆえに、色々なことに気付いてしまったり、あの時こんな事言わなければよかった、と思い起こして落ち込んでしまうのでは無いかな、と思います。

その辛いお気持ち、今までどなたかにお話されたことはありますでしょうか?
もしまだ十分にお話されたことが無いようでしたら、一人で抱えずに誰かに話す、という事から始めてみてはいかがでしょうか。
毎日家に帰って辛いお気持ちになる事と、職場への行き帰りだけでは、堂々巡りになってしまうのではないかな、と思っています。

人に話すことによって、少しすっきりしたり、質問者様のお気持ちにも少しずつ余裕が出てくると思います。
気持ちに余裕が出てくると、職場での場面を一歩引いて見ることが出来てきたり、ご自分と周囲の方との現実の関係性も見えてくると思いますし、何かの言動をしてしまいそうな時に、事前に気付くことや、そういった場面でのお話の伝え方や対処法も見えてくるのではないかなと思います。

もともとの性格や気質的なものは、自分で注意していても、ふとした瞬間に出てきてしまうものです。どんな人でも誰しも、そういうものだと思いますし、私にも思い当たる節が考えれば考えるほど、沢山出てきます…。

気持ちに余裕を持って仕事に臨むことで、全体を俯瞰して見ることが出来るようになると、「この方はこんなキャラクターの人」と、ご自分の事を受け入れてくれる職場の皆さんの存在にも気付くことが出来るかもしれません。
(優しい方が多い、仕事を教えてもらえる雰囲気、仕事を進めるにはとても良い環境に籍を置けていることが、何よりだと思います。)

私からのアドバイスとしては、
ご自身の性格や気質を変えるということは、とても労力のいる事だと思います。そういった部分を無理やり変えるように努力するのではなく、それも多少対処法を見つけて少しずつ行いつつも、ご自身が本来持っている良い部分も同じく全面に出して、そういった良い部分で現在の職場での関係を築いていってはいかがかな、と思います。
幸いにご質問を読ませていただく限り、とても良い職場環境なのかな、と思いますので、そういった環境の中で関係を築いていくことは可能なのではないかと思います。

それともう一つは、考えすぎないこと。
自宅に帰った時に、仕事で起こったことは考えないようにして、あえて何かする時間を作るのも手です。
これは私の例ですが、ヨガ、瞑想、マインドフルネスなどを本やYou Tubeを見ながら実践することによって、過去や未来のことより今この瞬間に集中出来るようになってくると、過去を気にして余分なエネルギーを使わなくて済むようになってきます。
これに限らず、ぜひ質問者様に合ったリフレッシュ方法も見つけて頂きたいと思います。

それと、先程お気持ちを一人で抱えず人に話す、と書きましたが、親しいご友人の方、ご家族、誰でもいいと思います。
もし身近にお話出来る方が思いつかない場合は、大学に付属されている心理相談センターでお話されてみるのもいいと思います。
ネットで「大学 心理相談センター お住いの都道府県」を入れて検索すると、いくつか出てきます。
心理学を学ぶ大学院生の実習の場としてのカウンセリングルームですが、その分通常のカウンセリングルームより値段が安く、心理学的知識を持った方と、1時間2〜3000円等で、現在悩まれていること、気になっている事を色々相談できます。
質問者様がとても直したい、と思われていることも、相談してみてはいかがでしょうか。(ただ現在コロナ架のために初回面談が数週間後などになってしまう場合もあります)

私は悩みがある時にカウンセリングを使うことは、とても有効だと思っています。
相談員の方に頼りっぱなしになるわけではありませんし、お話の中で、ご自分で自分についての考え方、捉え方に気付く事ができるようになるからです。

会話を正直に詳細に話したがり、でも私はいいと思います。
発言したがりの方だって、世の中沢山います。
人には様々なタイプの方がいて、その中にはお話を聞くことのほうが好き、という方は案外多いです。
ただそこで、後で思い返すことで自己嫌悪に陥りすぎてしまっては、ご自分の心が持たなくなってくると思います。

落ち込みや自己嫌悪は、人間どんな方でも当たり前に起こることです。
落ち込みや自己嫌悪になりすぎるのではなく、程よく振り返りが出来る、くらいに落ち着いてきたらいいのかな、と思います。

つい長くなってしまって申し訳ありません。

こちらの回答で、質問者様の何かお役に立てることが有りましたら幸いです。
質問者様のお気持ちが少しでも楽になれますよう、願っております。


この質問の回答者
相談可 船方 理絵
回答数 18
国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師
相談可 船方 理絵

国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っています。若者支援大手の認定NPO法人所属。
若者と同じ目線で支援者と...

東京都  

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っています。若者支援大手の認定NPO法人所属。 若者と同じ目線で支援者として関わることに内外から定評あり。 若者へのキャリアコンサルティングと、グループファシリテーションが得意です。 コミュニケーションスキル・自己理解系セミナー講師歴3年、年間約130本のセミナーを実施しています。 ※2020年10月より、zoom等を使ったオンラインでのキャリアカウンセリングを開始予定です(土日限定) 就活やお仕事に悩みを抱える若者の皆様、ぜひご相談ください。 わかりやすく丁寧に、ご相談お受けします。 詳しくは下記の「メールで相談する」からお問い合わせください。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問