質問
2020/08/08 09:40 作成

コールセンターの求人なんですが、同じ会社、同じ業務の募集で、雇用形態がアルバイト、契約社員、正社員と3つ募集しています。求職中なので正社員に飛びつきたいところですが、コールセンターはキツくて、離職者が後を絶たないという情報が多いため、ここはまずアルバイトから試すべきですか?

匿名
閲覧数:28
回答 2 件
2020/08/08 12:42 更新
相談可 船方 理絵 国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師
相談可 船方 理絵

国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っていま...

こんにちは。
コールセンターへの応募をご検討されているのですね。
雇用形態について悩まれているということですが、まず各雇用形態の違いをご説明いたします。
質問者様が検討されている求人情報が手元にありませんので、あくまで一般論となってしまいますが、参考になればと思います。

■アルバイト
・責任 : 軽い(何かあれば社員の方々が手助け、解決してくれます)
・部下の管理 : 入社直後はなし(経験が上がればリーダーなどにはなります)
・勤務時間と期間の定め : 自由、もしくは求人票の規定通り(フルタイム・週3日5時間から、など選べます)
・月収 : 安い(基本的に時給制のため、働いた分だけの時給が月給として支払われます)

【メリット】責任が軽めでお試ししやすい。時間に融通がききやすい。退職する時さほど難しくない。
【デメリット】給料が安い。急な病気などで欠勤しても収入が減ってしまい月収が安定しない。何か合った時に優先的に人員削減される可能性がある。

■契約社員
・責任 : 普通(契約社員でもその企業に属する社員、という位置づけですので、それなりの社会人としての責任が求められます)また、基本的に正社員採用の前段階としての採用形態ですので、業績や勤務態度等の評価によって、以後の契約が期間満了・契約社員継続・正社員化、などに分かれます。
・部下の管理 : 入社直後からある場合(アルバイトの管理など)、入社直後はない場合(正社員の元で勤務を行う)、またはその両方
・勤務時間と期間の定め : 基本的に週5日フルタイム、残業発生多少有り。期間が設けられている場合は契約期間満了で退職があり得る場合がある
・月収 : 正社員より少ないが固定月収。ボーナスもある場合もほとんど。

【メリット】正社員を目指したいが、未経験職種ですぐの正社員採用がされづらかったり、突然の正社員勤務は自信がない…という場合に、契約社員から入社し頑張ることで正社員化を目指すことが出来ます。
【デメリット】正社員のような安定的長期雇用の保証に若干難あり。退職時は正社員同様の手続きが必要となる。

■正社員
・責任 : 重い(その企業に属する社員という位置づけですので、社会人としての責任はもちろん、部下を持つ場合にはチームや所属部署の責任者として、広い視野で部下を見守りながら仕事を行う必要があります)
・部下の管理 : あり(新入社員でも、入社直後からアルバイトの管理を任せられる可能性もあります。特にコールセンターではよく聞く話です)
・勤務時間と期間の定め : 週5日フルタイム、残業発生あり。期間の定めはなく、安定的な就労が出来ます。
・月収 : 一番高い。ボーナスも発生します。(責任が一番重い部分への対価、と考えるといいかと思います)

【メリット】安定的な雇用と収入が基本的には約束されます。それにより結婚する、家を買う、車を買うなど、ライフイベントと収支の計画が立てやすいです。
【デメリット】その企業組織を構成する社員、という位置づけですので、突然の部署異動や転勤がありえます。会社により様々で社員の希望を受け入れ寛容な企業もありますが、逆に会社方針により自分が望まない部署に異動が発生する場合があります。

--------------------------------------------

このように、各雇用形態には様々な違いやメリット・デメリットがあります。

質問者様は、コールセンターという仕事について、ご自分が実際に仕事に就くことを想像してみて、上記の違いを加味した上で、どのくらいのイメージでお考えでしょうか。

それによって、どの雇用形態で応募してみるか、検討されてみてはいかがでしょうか。

コールセンターはきついとの噂も多いようですが、中にはお客様と電話で接することが好きで続けている、という方もいらっしゃると思いますし、一般にマニュアルはきちんと整備されているはずですので、それの通り行えることが心地よい、と思われて仕事されている方も多いと思います。

私の個人的なアドバイスとしては、条件面が良いだけで飛びつくと、その仕事の中ではやりがいが見いだせず、後で大変な思いをする場合もあります(私の過去にそのような経験がありました…^^;)

質問者様は「ここはまずアルバイトから試すべきですか?」という問いもされていますので、まずはアルバイトでどんな感じか業界を覗いてみる、というのもいいかもしれませんね。

それでもし気に入れば、契約社員や正社員を目指して雇用形態の変更希望を申し出て頑張るか、経験を活かして別企業に就職されるのもいいと思います。

質問者様にとって良い決断が出来ますことを、応援しています!

2020/08/08 13:44 作成
相談可 近藤 信治 国家資格キャリアコンサルタント
相談可 近藤 信治

国家資格キャリアコンサルタント

できる事を強みに変えるモティベーターです。
立命館大学を卒業後、百貨店(販売)→メーカー(営業)→情報誌の広告制...

はじめまして。
雇用形態で悩まれているようですが、その前に、なぜコールセンターのお仕事をされたいのでしょうか?
それを明確にした上でのご質問なら、雇用形態の種別とそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で、応募されたら良いでしょう。コールセンターは一般的にお客様の相談窓口として、お客様の疑問やお悩みにお答えするお仕事かと思います。人とお話しをするのがお好きな方は、適職と言えるかもしれません。ただ、時には暴言や雑言を聞くことがあるかもしれません。その事をキツイと表現されているなら、どの仕事でも同じですね。仕事と割り切れるかどうかです。その事を理解した上でコールセンターのお仕事をされたいとおっしゃるのなら、雇用形態は今後どのように働きたいか、ハークライフバランスを考えた上で決められたら良いと思います。離職者が多いとか少ないとかではなく、あなたがその仕事をやれそうだという気持ちと自信と意欲が大切です。
頑張ってください。


この質問の回答者
相談可 船方 理絵
回答数 18
国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師
相談可 船方 理絵

国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っています。若者支援大手の認定NPO法人所属。
若者と同じ目線で支援者と...

東京都  

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っています。若者支援大手の認定NPO法人所属。 若者と同じ目線で支援者として関わることに内外から定評あり。 若者へのキャリアコンサルティングと、グループファシリテーションが得意です。 コミュニケーションスキル・自己理解系セミナー講師歴3年、年間約130本のセミナーを実施しています。 ※2020年10月より、zoom等を使ったオンラインでのキャリアカウンセリングを開始予定です(土日限定) 就活やお仕事に悩みを抱える若者の皆様、ぜひご相談ください。 わかりやすく丁寧に、ご相談お受けします。 詳しくは下記の「メールで相談する」からお問い合わせください。

メールで相談する
相談可 近藤 信治
回答数 13
国家資格キャリアコンサルタント
相談可 近藤 信治

国家資格キャリアコンサルタント

できる事を強みに変えるモティベーターです。
立命館大学を卒業後、百貨店(販売)→メーカー(営業)→情報誌の広告制作・企画・サイト運営(ぱど)→介護福祉(骨折で辞職)を得て、現在は...

大阪府 大阪市   https://twitter.com/s_kondo

できる事を強みに変えるモティベーターです。 立命館大学を卒業後、百貨店(販売)→メーカー(営業)→情報誌の広告制作・企画・サイト運営(ぱど)→介護福祉(骨折で辞職)を得て、現在は IT分野の若年者就労支援や就職氷河期世代支援などを行なっています。できない事に目を向けず、できる事を強みに変える。それをモティベートするのが僕の役割です。今さら聞けないビジネススキルや就活に関する事、転職に関する事などでお役に立てたら嬉しいです。お気軽にご相談下さい。 よろしくお願い致します。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問