質問
2020/08/02 16:45 作成

公務員試験で集団面接試験があるそうですが、これは事前にどのような対策や心構えが必要でしょうか?アドバイスをお願いします!

匿名
回答 1 件
2020/08/04 00:12 更新
船方 理絵 国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師
船方 理絵

国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っていま...

はじめまして。
公務員試験に挑戦されるのですね!

どんな面接も、どんな人でも、緊張してしまうのはあたり前の事なのですが、
公務員試験だろうと、一般企業の面接だろうと大事なことは同じで、
「緊張しながらも伝えたいことは伝えられるようになる」ことです。

集団面接はつい周りの反応や回答が目に止まって気になってしまうことで、想像以上に緊張感が高まってしまい、上手くいかなかった…、という声をよく耳にします。
周りの人より良い答えをしよう!と思って力んでしまい、心にもないことを言ってしまって面接官に突っ込まれると、何も答えられなくなってしまい、上手く行かなかった…と落ち込む、なんてこともあります。

それがなぜ発生してしまうかというと、「自分が持っている考えがあるのに、飾りすぎてしまい、結果自分考えを述べることが出来なかったから」ということから発生します。
それが集団面接特有の、周りの人のことが気になって仕方ないという心境となると、なおのこと、気を付けているつもりでもそうなってしまいやすいです。

なのでぜひ集団面接の際は、周りの人の様子や意見に左右されずに、面接官に質問された際は
「自分は、こう思う」 と自分の持つ考えをしっかりと述べ切ることが大切です。

ただし、これは周りの人のこと気にしない、自分のことしか考えない、という意味ではありません。

面接官は集団面接をする中で、応募者の話や仕草だけでなく、周りとの協調性にも着眼しています。
集団面接における協調性とは、他の応募者が話をしている最中にはその方の話をしっかり聞くこと。話している応募者の方に目を向けながら、うんうん、とうなずいて聞く。これだけで印象はぐんと変わります。

それとこれはどの面接でも一緒ですが、質問に回答するときは必ず質問した面接官と、それ以外の面接官全体の顔を見ながら、しっかり話しましょう。
目を合わせるのが苦手という方も多いですが、その場合は相手の鼻先を見る、顎を見る、だけでも、受け手側はしっかり自分の方を見て話してくれていると感じます。
特に強調したい部分を話したいときは、しっかり目を見てから話す、というのもいいですね。

ついつい次の自分の番でなにを言おうか、ということで頭がいっぱいになってしまって周りの状況が見れなかったり、自分の番が終わってふっと気が緩んで姿勢が乱れてしまったり、というのはよくあることですが、そのようにならないように心掛けましょう。

入退出のお辞儀も、相手の顔を見る⇒挨拶の発声をする⇒お辞儀する⇒相手の顔をもう一度見る、とすると、大変丁寧で誠意ある印象になります。

それと、公務員試験にも職種が様々あると思いますが、自分が試験を受ける分野の基礎知識や、最新の知識(できればネットニュースではなくて、新聞から情報収集することがおすすめです)は簡単でいいので得ておくのと、それに対して自分はどう思うか、という答えを用意しておくと、自分の考えを整理する機会にもなり、いい準備にもなると思います。

それから、すでにご存知だろうとは思いますが、どの形態の面接でもそうですが、「志望動機」「自己PR」「自分の長所・短所」は必ず聞かれると思ってください。
大事なのは、それらに対しても自分の考えをしっかり述べること。
どんな考えも良い悪いも優劣もありませんし、無理に応募職種に合わせて自分の考えを曲げるようなこともしなくて大丈夫です。

それと、ネットや本の回答集はあまり参考にしないほうがいいと、わたしは思います。
なぜなら、百戦錬磨の面接官達です。誰もが同じような回答をしている事も気付きますし、あ、この回答あのサイトの文章だな、と気付いたりするんですよね、なんて声も私の周囲では耳にします。

ご自身が公務員を志した理由が必ずあると思いますので、それをぜひ、自分の言葉で、事前にしっかりと掘り下げて、不器用でも構わないので、当日面接官にも伝えていただきたいと思います。
そちらのほうが、面接官たちにも印象が残ると思います。

自分の考えを掘り下げる時は「なぜを3回繰り返す」なぜそう思ったの?そう思ったのはなぜ?なんでそう考えるんだろう?
これは、とある方の受け売りなのですが、質問者様もぜひやってみてください。

公務員試験、頑張ってくださいね!
健闘をお祈りしています!


この質問の回答者
船方 理絵
回答数 18
国家資格キャリアコンサルタント 若者支援 自己理解・コミュニケーションスキル系セミナー講師

東京都  

ニート・不登校・引きこもり経験など、何かのきっかけで自信をなくしてしまった若者達への就労支援を公的機関で行っています。若者支援大手の認定NPO法人所属。 若者と同じ目線で支援者として関わることに内外から定評あり。 若者へのキャリアコンサルティングと、グループファシリテーションが得意です。 コミュニケーションスキル・自己理解系セミナー講師歴3年、年間約130本のセミナーを実施しています。 ※2020年10月より、zoom等を使ったオンラインでのキャリアカウンセリングを開始予定です(土日限定) 就活やお仕事に悩みを抱える若者の皆様、ぜひご相談ください。 わかりやすく丁寧に、ご相談お受けします。 詳しくは下記の「メールで相談する」からお問い合わせください。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら