質問
2020/08/02 11:13

建築業を営んでおります。この度社員の一人が独立したいと申し出てきたので、顧客の一部を引き継がせてあげたいと考えています。
ただ、弊社を懇意にしてくださっているお客様に対して、万一無礼があってはいけないと思い、引き継ぎに際しては責任感をもってもらうためにも、紹介料を払ってもらおうと考えています。
こういう顧客を紹介するような形で費用を取ることは、法律的に問題はないでしょうか?

匿名
回答 1 件
2020/08/03 12:04
アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級
アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタ...

社員の方の独立に関する紹介料の件ですね。
まだ社員の方は在籍中かと思いますが、その場合、紹介料を徴収する際には、個別契約を結んでいただき、合意を必ずとってください。
また、支払いに際し給与からの控除はせずに、振り込みをしていただくようにしてください。
労使協定をせずに賃金控除をした場合、労基法24条違反に該当する可能性があります。
また、契約書の内容によっては、交際費や、情報提供料など、個人事業主が申請する上での税務処理が異なるようなので作成時にその辺りも踏まえてご検討ください。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

建築
法律

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら