質問
2020/07/31 23:25

営業職で毎日車を使うのですが、プライベートで違反を起こして免停になってしまいました。
上司に報告したところ、営業ができないのであれば免停期間はパートとして事務員として働くことになると言われました。勤務時間も短縮になるそうです。
仕事上必要な資格がなくなったということで仕方がないとは思いますが、パート扱いになると社会保険や年金にも影響しそうで不安です。
やっぱり従わざるを得ないでしょうか?あまり揉めたくはないですが、不安もあるので、アドバイスいただきたいです。

匿名
回答 1 件
2021/02/10 17:18
山本ゆき キャリアアドバイザー
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
山本ゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

ご自身で起こしたこととは言え、思わぬトラブルに同様されていることと思います。
今回のご相談にはいくつかのポイントがありますのでひとつずつ整理していきたいと思います。
まず、プライベートな事象での運転免許証停止についてですが、どのような理由で違反となったかによりますが、会社によっては懲戒処分とするところもあると思います。
その際、その懲戒処分の内容や手続きが妥当であったかがポイントのひとつとなります。懲戒処分の内容や方法は就業規則に明記されていなければなりませんので、まずは就業規則をご確認ください。
そして、次に、ご質問の内容が懲戒処分として「正社員」から「契約社員(パート・アルバイト)」に変更になったということであれば、これは行き過ぎた処分内容です。
これは「正社員としての雇用契約」を一旦終了し、新たに「契約社員(パート・アルバイト)としての契約」を結びなおすことを意味します。
よって、一度「契約社員(パート・アルバイト)としての契約」をしてしまうと、正社員に戻ることは難しいと考えられます。
過去の判例でも、「懲戒処分としての降格」については就業規則に定めがあった場合でも、「同一の労働契約内での変更」にとどめられるべきである、とされています。
終身雇用が前提の労働契約「正社員」から、終身雇用を予定しない労働契約「契約社員(パート・アルバイト)」への変更は違法となる可能性が高いです。
一度同意をしてしまうと覆すことが難しくなりますので、まずは同意をせずにハローワークや労働基準監督署の相談窓口などの専門家に、詳しい状況を説明してご相談されることをお勧めします。
なお、正社員とパートの違いについては会社によって異なる部分が多いため、就業規則を確認されることをお勧めいたします。
就業規則や契約書に定められていない事項は正社員と同様の扱いとなります。
社会保険や年金については、雇用形態よりも勤務時間や賃金によりますので、就業時間が短くなるとなれば影響がある可能性がありますが、そもそも当初雇用契約を結んだ内容(正社員雇用契約の内容)と異なる条件とすることは違法となる可能性があるため、専門家に相談したうえで同意されるようにしてください。


この質問の回答者
山本ゆき キャリアアドバイザー
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル

就職・転職支援を申し込む
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
上司
パート
資格
事務
営業

キャリアサービス販売

就職・転職支援

経験豊富なキャリアアドバイザーから、
キャリア相談、非公開求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら