質問
2020/07/30 09:49

私は動物が好きでトリマーの仕事に興味があるのですが、肌が弱くて手が荒れやすいです。またハサミなど刃物類が苦手です。怪我をすることを想像すると怖くなります。このような感じですとトリマーは勤まりませんか?何か対策があって務まるのであれば教えて欲しいのですが、業界の方ご意見くださると嬉しいです。お願いします。

匿名
回答 2 件
2020/08/02 17:33
misumin トリマー歴4年
misumin

トリマー歴4年

関東圏内でトリマーとして4年働いています。
今のお店はトリマーとしては2個目の店舗です。

ハサミやバリカンは刃物なので、ある程度怪我をさせてしまうというリスクの怖さは持っていたほうがいいと思います。
慣れているから怪我させないと自信を持ちすぎるのはあまり良くないと私は思っています。
私は今でもハサミやバリカンは怖いです。
学校で基本的な動かし方、怪我をさせない使い方、犬の扱い方などは教えてもらえます。

肌が弱いということですが、基本的にシャンプーは素手で行うことが多いので、最初のうちは手荒れはつきものだと思います。私も敏感肌でしたが、仕事終わりはハンドクリームを塗ったり保湿をしていました。今はもう手荒れはしないです。
体質もあるので、手荒れするからトリマーは向いてないと判断するのは早い気がしています。

専門学校の体験みたいなものに1回行ってみるのがいいと思います。

2020/08/06 07:50
渡木駿介 ワンカラットテラス店長、トリマー
渡木駿介

ワンカラットテラス店長、トリマー

群馬県のトリミングサロン、「One Carat Terrace」で店長を務めております。トリマー歴7年目となります...

ハサミやバリカンなどに対する恐怖は、ないよりもあった方が良いと思います。恐怖がないと、自分自身の技術を過信したときに、犬を傷つける可能性があるからです。恐怖があるからといって絶対に怪我をさせないということではありませんが、刃物が怖ければ施術も慎重になるでしょう。恐怖とうまく付き合っていくことで、素敵なトリマーに慣れると思います。

肌荒れについてですが、シャンプー中は手袋はできないので、多少の肌荒れは覚悟しておきましょう。なぜ手袋ができないのかというと、感覚が鈍ってしまうからです。犬の肌の様子や、シャンプーで汚れがしっかり落ちているかなどがわかりにくくなってしまうんです。
トリマーや美容師向けに作られたハンドクリームなどもあるので、ぜひ活用してみてください。自分も、夏は肌荒れしないんですが、冬になると手がガサガサになります。冬の手荒れがひどい時期だけは、ハンドクリームをこまめに使いながら仕事したり、寝るときにハンドクリームを付けてビニール手袋をして保湿したりしています。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
怪我
トリマー
動物

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら