質問
2020/07/27 14:39

就活での言葉使いについてです。「ご応募させていただきました」と「応募させていただきました」。「ご」があるかないか、どちらが就活にはふさわしいでしょうか?教えてください!

匿名
回答 2 件
2020/07/27 15:44
藤田あかり 現在:フリーライター 過去の経歴:弁護士秘書、社内通訳、社長秘書
藤田あかり

現在:フリーライター 過去の経歴:弁護士秘書、社内通訳、社長秘書

はじめまして!
弁護士秘書、社長秘書、社内通訳の経歴があります。
英検準1級、TOIEC880点、観光英検1級...

就職活動中ということですが、ご質問にありました「ご応募させていただきました」よりもふさわしいのは「応募させていただきました」という形だと思います。
なぜかと言うと、ご自身が応募するということに対して尊敬語を使う必要はないからです。
「ご応募」とする場合は、応募する人に対する尊敬語として使います。
企業のご担当者様が「ご応募ありがとうございます」と使うケースが多いと思います。

さらに申し上げますと、「応募させていただきました」よりも「応募いたしました」の方がよりふさわしい表現だと思います。
なぜかと言うと、「させていただきました」という敬語は、相手のためになることや許可を得ていることに対して使う表現だからです。

お仕事に応募するのはご自身の希望により行うことだと思いますので、「応募いたしました」がベストの形だと思います。

就職活動、頑張ってくださいね!
質問者様のご希望の企業とご縁がありますように。


「応募いたしました」ですね!ご丁寧にありがとうございました!!

匿名
2020/07/28 18:04
2021/03/17 09:38
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
キャリアアドバイザー 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。「ご応募させていただきました」と「応募させていただきました」のどちらが就活に適切かというご質問ですね。

✕「ご応募させていただきました」
✕「応募させていただきました」
◎「応募いたしました」

「応募いたしました」という表現で大丈夫です。

ご相談者さまが応募するので、自分に「ご」はつけません。
また「させていただく」は自分がへりくだる表現(謙譲語)ですが、ビジネスシーンで間違えて使ってしまう言葉なので要注意です。

「させていただく」を使うのは次のようなシーンです。
・許可を得る場合  → 確認させていただきます
・恩恵を受ける場合 → 早退させていただきます

就活をきっかけに、1つ1つ正しい言葉遣いを覚えていけば良いと思いますよ。


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら