質問
2020/07/19 23:00 作成

管理職になりたくないです。新卒から大手メーカーに勤めて、もうすぐ10年が経ちます。
当社では大卒10年目で管理職登用試験があり、実際のところ9割以上が管理職として登用されています。
よほど問題がある場合を除く、という状況で試験に落ちるのは避けたいところですが、受かって管理職になると残業代の支給対象にならず、部下(といっても1〜2名)の指導責任も持たされます。
自分は研究職として専門性を高めていきたいのですが、やはり長年いると管理職になるのは避けられないのでしょうか。
何かよい方法がないか、ご教示ください。

匿名
回答 2 件
2020/07/20 11:17 作成
岡部 吉成 【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。
岡部 吉成

【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。

BPRの専門家として活動しています。
BPRとは「業務の再設計」です。
業務改善ではなく、”業務革命”となりま...

こんにちは。
質問者さんのお悩みはよくわかります。
管理職になる金銭などの待遇メリットと負荷のバランスで負荷が高ければなりたくない、となることがよくあります。

端的に申し上げます。
ご自身のキャリアプランや将来の目標を設定されてはいかがでしょうか?
目標(ゴール)を設定していれば管理職になるべきかどうかは判断がつきやすくなります。
もし設定されているなら管理職になる方が目標への道か、ならない方が目標につながるかを考えるといいと思います。

管理職になる金銭的以外のメリットをまとめます。
・発言力が増える
・人と知り合うタイミングや環境が増える
・違う視点を手に入れる
・対外的自身の価値が向上する(転職時に付加価値として加算される)

チャンスがあるのであればやってみれば、今の立場では見えていない何かを手に入れることができるかもしれないのでやってみてはいかがかと思います。
また、出世欲で管理職になる人より質問者さんのように冷静に考えている方が管理職になった方がよっぽど会社にも部下にもいいですよ。

2020/07/20 15:44 作成
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

補足・追加コメントさせて頂きます。
現在、外資系人事役員を担当し長らく”日系電子・電機業界”で人事を経験しております。
実は、弊社も同様なケースが多々あります。また以前の会社ではエンジニアの半数以上は貴殿と同様なお考えをされる事がありました。従って多くの会社ではエンジニアには”複線化人事制度”:管理職コースと専門職コースに分ける事が多くあります。この専門職制度は一見、コースから外れる感は有りますが大多数のケースは昇給昇格も普通の一般管理職と同等に設計されております。是非一度人事部の方に、その様な制度が有るのか(公開か非公開化)も含めお聞きされては如何でしょうか?もし、専門職制度が御社に無い場合はご自身で今後のキャリアを十分ご検討頂く事が最良の道と考えます。
*残業代の件ですが、是非一度シュミレーションを行ってください。人事部も管理職登用で実質賃金が長期間、非管理職時代よりも減少する設計は余り取りません(半年~1年は下がる可能性は有りますが、賞与は通常全く異なり増加する設計にしております)
以上ご参考までに。
佐藤 豪


この質問の回答者
岡部 吉成
回答数 18
【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。

埼玉県    https://bpr-s.jp/  https://www.facebook.com/BPRservice.LLC/

BPRの専門家として活動しています。 BPRとは「業務の再設計」です。 業務改善ではなく、”業務革命”となります。 また、現在はテレワークの専門家として行政や公的機関にて指導員としても活動中です。 テレワークに関してご質問いただければご回答いたします。

キャリアアドバイザー 佐藤 豪
回答数 189
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら