質問
2020/07/17 08:41 作成

転職時に面接で説明する退職理由について、現在迷っています。退職時は、人手不足になり残業が増え、体調不良(自律神経不調)で退職しました。はじめ自己都合でしたが、理由を説明し会社都合にしてもらいました。
転職時に、履歴書へ記載する内容や面接時の応答は、正直に体調不良とした方がいいのでしょうか。会社都合では、採用時不利にされそうで心配です。採用される方の意見といい応答の仕方教えてくださいませんか?よろしくお願いします。

匿名
回答 2 件
2020/07/17 11:52 作成
キャリアアドバイザー 川崎祐輝/HRコンサルタントLAO 人事・人材コンサルタント
キャリアアドバイザー 川崎祐輝/HRコンサルタントLAO

人事・人材コンサルタント

関西のメーカー・人材系を中心に、若手業種転換転職を得意としています。

<略歴>
鉄鋼メーカーにて生産管理、...

体調不良での退職、希望せぬ形での転職活動はたいへんなご状況かと存じます。
採用責任者を担っていた経験から、下記回答いたします。ご参考になれば幸いです。

結論から申し上げますと、理由を伝えたときの反応は企業と面接官による。としか言えないのが実情です。
あくまで一般的な話、かつ私見ではございますが、オススメとしては正直に退職理由をお伝えいただくのが良いと思います。

採用されること、内定を得ることがゴールであればうまく取り繕うのも一つですが、その後働き続けていくためにも本音でお話しなさったほうが、企業にとっても、ご質問者様にとっても良いかと存じます。

面接官は、退職理由の確認を通じて、その方がどういう状態だったら退職してしまうか?を見ています。
採用してから活躍するためには時間がかかりますし、採用にもコストがかかります。
コストを投じて採用した人に早く辞められてしまっては困るからです。

ご質問者様の退職の理由は、客観的にお聞きしてもやむを得ないものであり、長時間の残業がない職場であれば再発の恐れはない、と一般的な面接官なら判断すると思います。
むしろ、そこでダメという判断をする企業は前職同様の長時間勤務が予想されるので避けた方が良いでしょう。

オススメする伝え方としては、
人手不足になり長時間残業が発生した、その長時間残業により体調を崩し業務の遂行が困難になったため退職した。
現在は回復し、再び働ける状況になっている。
という流れがスムーズかと思います。
なお、履歴書には退職理由(自己都合or会社都合)まで記載する必要はありませんので、単に入社・退社の年月のみの記載でOKです。

体調面の不安なくご活躍できる環境にご縁がありますことを、お祈りしております。

2020/07/17 20:46 作成
はなふさ英 定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

...

転職の際に、退職の動機の質問どのように答えればいいのか迷っている悩みですね。簡潔的に3つに絞って回答します。

1.転職先は、退職先が策している離職票で「会社都合」と確認済と思っておきましょう。
・履歴書には「会社都合」のみ記載します。
・面接時、質問があった場合必要最小限の応え方にしましょう。

2.「会社都合」の退職理由や動機の質問に対しての応え方の例で、参考なればと思います。
・「リストラです。」と言って見ましょう。さらに、「そうですか、どうしたことで?」の場合、「残業が続いてまして、遅刻やお休みをもらうのが多くなったことが思いあたります。」
できるだけ体調不良は言わないようにしましょう

3.最近は、一般会社であれば、個人情報保護を尊重し、上記以上の探求はない傾向にあります。一般意外とは、大手の大会社や金融商品関係の会社です。

以上です。面接時のポイントは、貴女のキャリアと自社での貴女の将来の「あるべき姿」をイメージしています。

良い返事のポイントは、下記のように準備し、落ち着いて面接に臨みましょう。

事前に自分の仕事の実績を整理し簡潔に説明できるように準備し、同時に、転職先への動機、特に、転職先での仕事に対する「ありたい姿」述べ、両方が一致すれば採用は限りなく近く成ります。


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 川崎祐輝/HRコンサルタントLAO
回答数 23
人事・人材コンサルタント

兵庫県    https://sites.google.com/mononofu.page/service/

関西のメーカー・人材系を中心に、若手業種転換転職を得意としています。 <略歴> 鉄鋼メーカーにて生産管理、法人営業を経験した後、人材メガベンチャー、中小オーナー企業、創業期ベンチャーなど複数の企業で営業および人事経験を経て独立。 現在はフリーランスの人事コンサルタントとして、複数企業の人事サポートを行う他、人材サービス企業の営業・キャリアアドバイザー、公的機関の研修講師なども担っています。 自身が複数回の転職し、大企業〜中小・ベンチャーまで経験したことを活かし、キャリア相談、就職・転職相談、退職時の手続き相談など、toB、toCともに幅広くサポートを行っております。 ご相談は無料で行っておりますので、お気軽にメールまたはHPからご相談くださいませ。

はなふさ英
回答数 34
定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

滋賀県 滋賀県守山市 

全ての対外的現役から退役しています。 最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。 人生100年と言われていますが、果たしてそれが幸せな事でしょうか。幸せは如何にして心身が健康寿命に終末が迎えれるかです。 同時にそれは、日本の最大の課題といえます。国家予算の5割近くなろうとする、50兆円もの膨大な医療予算を費やしつつあります。 何を大げさに高齢者のたわごとかと思われましょうが、健康寿命は、未来がある若年層が幸せに暮らせるための恩返しです。高齢者の医療費全般の節減がその一つです。 男女を問わず75歳以降から人体の衰え、衰弱が顕著になります。しかしながら、その内容は微妙に個人差があり、自らの5感に感じる感覚に違いがあります。それは、たとえ夫婦であっても分かりあえないのです。 健康寿命の基本は、「快食」「快便」「快眠」のリズム生活あり、さらに、目標を持って暮らすことではないでしょうか。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をし、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら