質問
2020/07/17 08:41

転職時に面接で説明する退職理由について、現在迷っています。退職時は、人手不足になり残業が増え、体調不良(自律神経不調)で退職しました。はじめ自己都合でしたが、理由を説明し会社都合にしてもらいました。
転職時に、履歴書へ記載する内容や面接時の応答は、正直に体調不良とした方がいいのでしょうか。会社都合では、採用時不利にされそうで心配です。採用される方の意見といい応答の仕方教えてくださいませんか?よろしくお願いします。

匿名
回答 2 件
2020/07/17 11:52
キャリアアドバイザー 川崎祐輝/HRコンサルタントLAO 人事・人材コンサルタント
キャリアアドバイザー 川崎祐輝/HRコンサルタントLAO

人事・人材コンサルタント

関西のメーカー・人材系を中心に、若手業種転換転職を得意としています。

<略歴>
鉄鋼メーカーにて生産管理、...

体調不良での退職、希望せぬ形での転職活動はたいへんなご状況かと存じます。
採用責任者を担っていた経験から、下記回答いたします。ご参考になれば幸いです。

結論から申し上げますと、理由を伝えたときの反応は企業と面接官による。としか言えないのが実情です。
あくまで一般的な話、かつ私見ではございますが、オススメとしては正直に退職理由をお伝えいただくのが良いと思います。

採用されること、内定を得ることがゴールであればうまく取り繕うのも一つですが、その後働き続けていくためにも本音でお話しなさったほうが、企業にとっても、ご質問者様にとっても良いかと存じます。

面接官は、退職理由の確認を通じて、その方がどういう状態だったら退職してしまうか?を見ています。
採用してから活躍するためには時間がかかりますし、採用にもコストがかかります。
コストを投じて採用した人に早く辞められてしまっては困るからです。

ご質問者様の退職の理由は、客観的にお聞きしてもやむを得ないものであり、長時間の残業がない職場であれば再発の恐れはない、と一般的な面接官なら判断すると思います。
むしろ、そこでダメという判断をする企業は前職同様の長時間勤務が予想されるので避けた方が良いでしょう。

オススメする伝え方としては、
人手不足になり長時間残業が発生した、その長時間残業により体調を崩し業務の遂行が困難になったため退職した。
現在は回復し、再び働ける状況になっている。
という流れがスムーズかと思います。
なお、履歴書には退職理由(自己都合or会社都合)まで記載する必要はありませんので、単に入社・退社の年月のみの記載でOKです。

体調面の不安なくご活躍できる環境にご縁がありますことを、お祈りしております。

2020/07/17 20:46
はなふさ英 定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

...

転職の際に、退職の動機の質問どのように答えればいいのか迷っている悩みですね。簡潔的に3つに絞って回答します。

1.転職先は、退職先が策している離職票で「会社都合」と確認済と思っておきましょう。
・履歴書には「会社都合」のみ記載します。
・面接時、質問があった場合必要最小限の応え方にしましょう。

2.「会社都合」の退職理由や動機の質問に対しての応え方の例で、参考なればと思います。
・「リストラです。」と言って見ましょう。さらに、「そうですか、どうしたことで?」の場合、「残業が続いてまして、遅刻やお休みをもらうのが多くなったことが思いあたります。」
できるだけ体調不良は言わないようにしましょう

3.最近は、一般会社であれば、個人情報保護を尊重し、上記以上の探求はない傾向にあります。一般意外とは、大手の大会社や金融商品関係の会社です。

以上です。面接時のポイントは、貴女のキャリアと自社での貴女の将来の「あるべき姿」をイメージしています。

良い返事のポイントは、下記のように準備し、落ち着いて面接に臨みましょう。

事前に自分の仕事の実績を整理し簡潔に説明できるように準備し、同時に、転職先への動機、特に、転職先での仕事に対する「ありたい姿」述べ、両方が一致すれば採用は限りなく近く成ります。


この質問の回答者

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

退職
自己都合
会社都合
残業
履歴書
転職
面接

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら