質問
2020/07/09 18:15 作成

裁量労働制について質問です。
デザイナーとして転職を考えているのですが、いくつかの企業の求人票に裁量労働制と記載がありました。
自由に勤務できる、自分で時間をコントロールできるという点では非常に魅力的に感じるのですが、残業代が出ないという面もあるとネットで見ました。
裁量労働制で働いた場合、フリーランスで働くようなイメージになるのでしょうか?それであれば業務委託で良いと思うのですが、なぜこういった雇用形態があるのか疑問です。
教えて下さい。宜しくお願い致します。

匿名
閲覧数:27
回答 1 件
2020/07/09 21:00 作成
人材コンサルタント 洋一 社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得
人材コンサルタント 洋一

社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。
働く人の相談にのるボランティアもやっています。
少しでも、皆様...

人材コンサルタントをしています。
また、働く人の相談にのるボランティアもしています。

裁量労働制についてですね。
回答いたします。
裁量労働制は、質問者さまがおっしゃる通り残業代などがでません。
そのため、長時間労働・深夜労働・休日返上・泊まり込みなど横行している場合があります。
特に長時間労働である場合が多いです。
長時間労働だとしても、会社側のかかる人件費は定額なので会社側に非常にメリットがあります。
ただ、従業員にとっても自由度か高く、人に使われているというストレスが少ないメリットがあります。
そして成果を出せていれば、早く帰れることもあるかもしれません。
上手く運用できていれば、悪くない制度です。
会社側が業務委託ではなく、裁量労働制にしている点について説明します。
従業員を社員として雇うメリットは、デザイナーであれば、従業員が他の会社とも契約してデザインが盗まれたり、似たものになってしまうということを防げます。
また、業務委託であれば優秀なデザイナーの報酬が高額になったり、他社と契約するようになってしまいます。
さらに、新人から育てたり、管理職になったりすることは業務委託では難しいです。
会社として組織でやる場合は、業務委託でフリーランスということよりも従業員を管理しやすいメリットがあるのです。
以上ご参考になれば幸いです。
転職活動頑張ってください。


この質問の回答者
人材コンサルタント 洋一
回答数 75
社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得
人材コンサルタント 洋一

社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。
働く人の相談にのるボランティアもやっています。
少しでも、皆様のお役に立てるよう日々勉強しています。
よろしくお願いします。

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。 働く人の相談にのるボランティアもやっています。 少しでも、皆様のお役に立てるよう日々勉強しています。 よろしくお願いします。

関連する質問
関連する質問