質問
2020/07/03 00:49

現在SESとして、客先企業で働いています。
指示されている仕事はこなせていると思うのですが、プロパーの方達との会話はほとんどなく、会社に行っても打ち合わせ以外の時は他の人との会話がありません。
同じプロジェクトでないプロパーの方達は近くの席にいるので、距離感を少し縮めた方がよいのかなあと思うのですが、プロパーの方達にとっては、派遣さんであり、あまり興味はないでしょうか?
私はタバコ休憩などしないため、あまり話しかける機会がなくちょっと考えてしまっています。よいアドバイスはありますか?

匿名
回答 1 件
2020/07/05 12:47
梶原 システムエンジニア、応用情報取得済み
梶原

システムエンジニア、応用情報取得済み

大学院卒業後、ソフトウェアハウスにてシステム開発に携わる。
2社目では卸会社の社内SEとして社内システムのリプレ...

私はフリーランスエンジニアをしています。
そのため新しい現場にいくこともしばしばあります。
私が新しい現場で心掛けていることは挨拶です。出勤時と退勤時必ず周りに挨拶します。

挨拶くらいで何が変わるのかと思われるかもしれませんが、コミュニケーションをこちらが拒んでいませんということをこちらが示すことになります。

私の経験として、SESとして現場に入ることがあり、そこの現場のリーダをしたことがあります。
その際に現場は中国人の方なども多く、ドライな感じでなおかつ遅延が発生していました。
ドライなのは別にかまわないのですが、挨拶すらない状態で進捗も個人任せとなっていました。
私は出退勤時の挨拶はしてくださいとお願いしました。
また進捗に関しても、時間はかかりますがリーダの私が直接確認することで、コミュニケーションをとるようにしました。(きっちりした現場ならメール報告でいいんですが)
挨拶はきっかけですが、そのあとプロジェクトは持ち直しました。

元の質問に戻りますと、プロパーの方からしても、よくわからない人がいるのはストレスになります。
こちらから挨拶をきちんとすることで、相手を受け入れていますよという状態にしていれば、たとえそれ以上の関係の進展がなかったとしても、お互い悩まなくて済むのではないでしょうか。

確かに合わない人はいます。こちらを派遣さんとして、あまり接触してこない人も確かにいます。
それでも挨拶くらいしておけば、何かをきっかけに話をすることもあるかもしれませんし、少なくとも不利にはなりません。あまり思い悩まず元気に過ごせるといいですね。


この質問の回答者
関連する質問

SE
派遣

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら