質問
2020/07/01 01:51 作成

現在転職活動中の者です。飲食店の「店長・幹部候補」の求人が気になっていますが、
私は飲食業界未経験なので、どんなところが大変で、どんなところにやりがいがあるのか教えていただきたいです。
イメージとしては長時間労働やアルバイト管理などで大変という感じですが、合っていますか?
ある程度の体力的な大変さはなんとかなりますが、精神的にキツイのは、やっていけるか少し不安があります。
飲食業界にお詳しい方の、お話をお伺いし参考にさせていただけたらと思います。お願いします。

匿名
閲覧数:17
回答 2 件
2020/07/03 11:39 作成
相談可 長岡希 資格:食品衛生責任者/経歴:飲食店店長、小売店店長合計5年、営業事務1年
相談可 長岡希

資格:食品衛生責任者/経歴:飲食店店長、小売店店長合計5年、営業事務1年

カフェ、クレープ屋さんの店長、
その後雑貨、アクセサリーショップの店長を経験し
現在は企業にて営業事務、原稿担...

はじめまして。飲食店店長経験者です。
私が経験したことがあるお店はチェーン店カフェとタピオカドリンクのお店です。
イメージとしては、そんな感じでだいたいはあってますね!
働いたうえでの私のイメージをお伝えしますのでご参考にしていただけますと幸いです。
①体力面
立ち仕事であること、また、アルバイトの確保ができないときは自分が休みの日でも出勤しなくてはいけないような状況にはなり、企業にもよりますがそのぶん振替のお休みを頂けるわけではありません。(もちろん企業によってはヘルプ制度などが充実しており、そのような状況を極力避けるようにしているところもあります)
お休みは少ない月で4、多い月で9という感じでした。
普通の企業で働くと10日休みのある月はざらにあるので、お休みも少なかったかなと思います
②精神面
基本的に体力勝負があると思いがちですが店舗を運営する以上売り上げや利益を上げることは考え続けなければなりません。
そのためにどこを削減するか、どうやって売り出すかを店頭業務をこなしながら日々考え続け、そして考えたことを自分だけではなく周りのアルバイトにも共有し実行してもらわなくてはいけません。それをしてもらえるだけの人望がないと、なかなか周りが協力してくれる体制にはなりませんし、そもそも日々の業務でいっぱいでそこまで考えられないことが多いです。
一番大変だと思うことは、一個一個の業務をこなすことではなく、すべての業務をこなせるように時間配分やペース配分を整えることでした。
また人が足りないときには出られないか声をかけなくてはいけません。
お休み希望を出している人にも一応交渉しなくてはいけません…
交渉しないとそれはそれでその日働くスタッフが大変な思いをしてしまうので
協力的なスタッフがいないと大変ですし、逆に協力的なスタッフに負担がいきがちで
シフト作成は苦労することは多いです
③覚えることが多い、臨機応変な対応を求められる
もちろんレシピ通りに作れるようになれなくてはいけませんし、それに伴って仕入れ、仕込みも発生します。何がどのくらい売れるかを把握しなければいけないので、
一部の業務だけをになうアルバイトと違って慣れるまで、自立するまでに時間がかかります。
最初はスピード感についていけずかなり戸惑います。
④明るい人が多いので楽しい
厄介なアルバイトさんもいますが…でも基本的に接客業である飲食でバイトしようと思う子は
学生の子も主婦さんも明るくはきはきしている方が多いので
そんなに陰湿な雰囲気になったことはなかったです。店によるとは思いますが…。
風通しが悪いような印象はあるかと思いますが、私としては常ににこにこしていられたので
気持ちが明るくいられて楽しかったな、という思い出がとても多いです。
今は事務職ですが、楽しかったこの思い出が強くまた働きたいと思わせます。
⑤給与面
残業が多いので一見高く見えがちですが、時給換算するとそうでもなかったりします。
ひどい会社ですと、見込残業代40時間こみなどがざらなので
時給換算したらアルバイトの方がよいのでは…?となる企業もあります。
実際に働く前に給与面の確認はしっかりしていただいた方がよいかと思います。
⑥待遇面
廃棄をもらえたり、安く買えたり、まかないがあったりするので
食べ物には困りませんでした。
⑦やりがい
常連のお客さんがやさしく声をかけてくれたり、あの店の店長さんと
まるでアイドルさながらにお店と自分を好きになってくださったときは本当にうれしいです
また、予算比や前年比の達成ができたときはお店に貢献できた、ただ働いているだけじゃなく自分で工夫したことが結果となった!とうれしくなります。
最初は店頭業務の方が楽しいですが、慣れてくるとそういったお店のことを考える作業がとても楽しくなります。結果がついてきたり、スタッフが協力してくれたりするようになるとなおさらです。
ただ同じ立場の社員がいない、少ない職場が多く、自分ひとりでなんとかしなくてはいけない場面も多いので、大変だなと思いました。

以上、参考にしていただければ幸いです!

2020/07/07 19:06 作成
退会したユーザー

初めまして!
飲食店を18年経験、店長8年経験してきた上で質問にお答えさせていただきます。

飲食勤務のデメリット
・長時間労働
会社によりますが、基本10時間ぐらいの実働、1時間の休憩でトータル11時間拘束のイメージを持った方が良いです。
会社や時期(繁忙期や人材不足)によっては12〜14時間の所もあるのでその面では覚悟が必要です。
慣れるまでは自分の時間を捻出するのが難しいかと思います。
給与が下がってもよければ今は8時間労働しかさせない企業も出てきてます。(この場合残業代が出るかを必ず確認)

・給与面
企業にもよりますが、大体23万〜35万くらい。
ボーナスはある会社もあるが、あっても1万〜10万ほど。これも業績で変動

・人材
昨今人材がとても枯渇しており、派遣でなんとかシフトを埋めている所も多いのではないかと思います。
その面での精神的苦痛はあるかもしれません。

飲食店でのメリット

・ポジション
役職が早く付きやすく同年代の人よりも早い段階で重要な仕事を任される機会も多い
社長と会う機会も多いので、チャンスを掴みやすい

・やりがい
一般企業と違い、消費者の反応がすぐわかる仕事です。
自分自身が行なった一挙手一投足で反応や売り上げが変わる醍醐味は何物にも変えがたい経験かと思います。

・組織、チーム
店長職になった場合店舗というのは所謂一つの会社、組織、家族、チームみたいなものになります。
その中での長となるのでチーム作りが上手くいき、目の前の障害物を乗り越えた時は一生ものになると思います。
また人材は学生アルバイトが主体となると思うので、その子達の将来に影響を与えれる人物になり得る存在になると思います。
その子たちが社会に出て何かにぶつかった時に『あの時店長はこんな気持ちで言ってくれてたんだ』と思ってもらえる近い存在になります。
そんな風に時間が経ってからでも理解してもらえた時に親身になって伝えてよかったと思えます。

飲食での勤務はとても大変だと思います。体力的にも時間的にも。
しかしながらそれを凌駕する魅力がたくさんあります。
何を大切にするかによって道は違ってくると思いますが、私からは『人を笑顔にする』これが大好きな人には天職だと思います。


この質問の回答者
相談可 長岡希
回答数 1
資格:食品衛生責任者/経歴:飲食店店長、小売店店長合計5年、営業事務1年
相談可 長岡希

資格:食品衛生責任者/経歴:飲食店店長、小売店店長合計5年、営業事務1年

カフェ、クレープ屋さんの店長、
その後雑貨、アクセサリーショップの店長を経験し
現在は企業にて営業事務、原稿担当、クライアントサポート業務に従事しております。

東京都  

カフェ、クレープ屋さんの店長、 その後雑貨、アクセサリーショップの店長を経験し 現在は企業にて営業事務、原稿担当、クライアントサポート業務に従事しております。

関連する質問
関連する質問
新着求人