質問
2020/06/30 00:58

転職の面接に行くときに「履歴書を持ってきてください」と言われましたが、履歴書と合わせて職務経歴書も準備して行った方が良いんでしょうか?ただし職務経歴書に書く内容といっても、アルバイト2箇所と前職の契約社員の1箇所だけなので、書くボリュームは少ないです。

匿名
回答 2 件
2020/06/30 19:36
kayaww
国家資格キャリアコンサルタント・産業カウンセラー
kayaww

国家資格キャリアコンサルタント・産業カウンセラー

20代でメンタルの調子を崩したことをきっかけにお仕事と心の健康の密接な関連について体感し、カウンセリングの勉強を開...

こんにちは。

転職をする際に大事なのは「相手企業がどういう人材を求めているか」を考えることかと思います。
今までの経験において、そこに合ったものを得ていたり、強みをアピールできれば、採用されることにつながります。
また、自分では今までの経験と応募先のつながりが薄いと思っても、採用する側にとっては相談者様を知る材料になるので、たいていの場合は持って行った方がよいと思います。

今までのアルバイトでも契約社員でも、何かしらあなたの個性や強み、得意をアピールする要素になる作業はしているはずです。
現在応募しようとしているお仕事にどのようにそこで得たことを役立てられるか考えたうえで、書き方を考えたほうが良いです。

まずは、具体的に何をしてきたか、何が得意だったか書き出してみましょう。
(例:アパレルショップの店員のバイトで接客、後輩の指導、商品の在庫管理を担当。会話の中でお客様の好みを把握してそれに合わせた商品を的確に勧め、リピーターを増やすことに貢献した。)

また、正社員の求人に応募される場合は、非正規での経験のみの場合、なぜ正社員で働こうとしなかったのか、その理由によって会社でやっていけるかどうかの判断材料にする採用担当者もいるかと思いますので、面接の際に納得されるような理由をきちんと用意しておいたほうがベターかと思います。

がんばってください!


教えていただいてありがとうございます。書き方についても具体的に教えてもらったのでわかりやすかったです。正社員でなかった理由もうまく言えるように用意したいと思います。色々とありがとうございました。(_ _)

匿名
2020/07/02 19:24
2020/07/01 11:44
はなふさ英
定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

...

転職先への心得、3つに絞り回答しますね。

「職務経歴書も準備して行った方が良いんでしょうか」

 転職先が要求していないし不要と考え、自分の職務経歴も少ないし無駄ではとか、面倒だしと迷っているのですね。あなたにとっての職務経歴書には4つポイントがあります。自分で決めてください。

①転職先への就活の本気度合いです。正社員転職あれば、100%の意欲でしょうね。コロナ騒動の今、自分に最適な転職先であれば、たとえ、職務経歴書が無駄になってもいいのでありませんか。

②「ただし職務経歴書に書く内容といっても、アルバイト2箇所と前職の契約社員の1箇所だけ」についてですが、決して無駄になりません。

③たとえ1日の職務経験でも貴重な体験と考え仕事の中身を整理し、第3者に自分を知ってもらい、理解してもらうために必要ですよね。

④あなたが転職先の面接者の立場になって考えてみましょう。多少でもあなたに興味を持たれたら必ずと言って程「どんな経験や仕事していたの」と質問があります。その時、「経歴書で説明します」と申し出、差し出すのです。転職成功に1歩近づくの間違いなしですよ。

⑤転職先の面接者は人を見て外形だけで採用・不採用は判断しません。転職者の人柄、特に「人に気遣いや思いやれる人間か」の内面をポイントにします。
案外、「職務経歴書」条件がなくとも用意してきているかのテストを含んでいるかもね。また、会社への転職の意気込みの度合いを見ようとしているのです。


準備しておいた方がよいと言うことと、その理由を詳しく教えてもらい、ありがとうございます。本気度が示せるように準備が必要ということですね。

匿名
2020/07/02 19:29

この質問の回答者
関連する質問
キーワードから関連する質問を探す
職務経歴書
アルバイト
バイト
契約社員
履歴書
転職
面接

キャリアサービス一覧

就職・転職支援

経験豊富なキャリアアドバイザーから、
キャリア相談、非公開求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら