質問
2020/06/24 17:08 作成

経営、戦略コンサルティングファームに興味を持っています。コンサルファームは激務と言われますが、具体的にどのような業務が激務ですか?また、素朴な疑問ですが、立案した目標数値をクライアントが達成できなかった場合、コンサル側は何か痛手を負いますか?

匿名
閲覧数:23
回答 1 件
2020/06/24 18:51 作成
相談可 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
相談可 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなりました。...

はじめまして。
経営、戦略コンサルティングファームというと激務というイメージですよね。私自身、数年間コンサルティングファームに勤務しましたが、当時は激務という感覚はありませんでした。とてもやり甲斐がある仕事で、自分が好んでどんどん働いていた気がします。

コンサルタントはいかに顧客満足を得られるかで評価されるので、短時間でも高いパフォーマンスを出せればよく、長時間働いたことが評価されるわけではありません。

ご質問の「立案した目標数値をクライアントが達成できなかった場合」について、クライアントと信頼関係があり、十分なやり取りができていたらコンサルタントが痛手を追うことはないと思います。しかし継続契約の際に、フィーの値上げ交渉は難しくなるかもしれません。そして「クライアントが達成できなかった」と言うより「コンサルがダメ」「使えない」という印象を経営サイドが持ってしまう危険性はあります。あえて社外のコンサルに安くはないフィーを支払う場合、それに見合う成果を求められるのは当然ですから。

その意味では、クライアントの期待に応えるべく、戦略を練ったり、調査をやり尽くしたり、、、そうすると時間を忘れて働いてしまうので激務になるのかもしれません。私自身の経験ですが、コンサルタントは成果が見える職業でもあり、クライアントと共に何かを目指すやり甲斐のある仕事です。コンサルタントの経験はその後のキャリア形成にも有効です。応援しています!


この質問の回答者
相談可 小林 純子
回答数 91
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
相談可 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなりました。キャリアコンサルタントの資格も取得しています。

航空会社時代...

東京都  

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなりました。キャリアコンサルタントの資格も取得しています。 航空会社時代は様々なお客様とお会いすることができました。またコンサルタント時代には多くのクライアント案件を担当しました。フリーランスライターとして、業界で輝いている方のインタビューも担当しています。 私自身、出産、育児を経験し、女性の働き方に悩みました。その経験が、今悩んでいる女性のためになればと思います。また男性の、本当に自分のやりたい仕事を見つけるお手伝いが出来ればと思っています。 ご相談などあればお気軽に連絡ください。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問