キャリアアドバイザー

小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児をしながらキャリアコンサルタントの資格を取得しました。

航空会社時代は国内外のお客様とお会いし、コンサルタント時代には多くのクライアント案件を担当しました。現在はフリーランスライターとして、さまざまな方のお話を伺うインタビュー記事を得意としています。

航空会社では働く女性のパイオニアである先輩とご一緒し、一生を通じた女性働き方を学びました。私自身、出産、育児を通じ、女性が働き続けることの難しさを経験しています。それらの経験が、今悩んでいる女性のためになればと思います。また男性の、本当に自分のやりたい仕事を見つけるお手伝いが出来ればとも思っています。

お話を伺い、志望動機の明確化やエントリーシートなどの添削もお受けしています。なんでもお気軽にご相談ください!

  東京都

  https://www.facebook.com/junko.kobayashi

本人確認

職業紹介免許

対応地域

全国

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

クリエイティブ・広告・マスコミ,

教育・医療・福祉関連職,

専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業),

電気、電子、機械技術者,

素材、食品、医薬品技術者,

建築・土木技術者,

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

回答 148 件
一つの職場でなかなか長く続けられないことが悩みです。今40歳で、在宅医療サービスの会社でフルタイム勤務し4年目です。去年の秋から週1~2回個人事業者として副業をしています。副業が順調なので、今年の2月に会社を週4フルタイムに切り替え、副業の仕事や、その関連の勉強や講習のために時間を使っています。先日、税務署に開業届を提出しました。 副業は完全テレワークで感染の不安がなくマスクをせず仕事ができ、会社の指図を受けずに済み、無駄な雑務が全くないため快適です(ただ、当然ですが貰える仕事量は不安定です)。いずれ業務委託やパート勤務のみで働いていきたいと思っているのですが、無謀でしょうか? 会社勤めを15年ほど続けましたが、心底自分に向かないな、と悩みこんな考えを持ってしまっています。(正直今の掛け持ち生活は時間的にも忙しく、けっこうきついです) 厚生年金には10年以上は一応加入しています。妻は派遣で週4~5回働き、自分で厚生年金に加入しています。二人で月に40~50万ぐらい稼げればとりあえずはつつましくも生きていけるかな?と考えているのですが、やはり仕事量が安定しないこと、年金や健康保険など保証がなくなるのは不安です。妻子がいるのであまり生活レベルを下げたくもありません。(今は二人で年収700~750万ぐらいかな?と思います。) どちらかといえば、似たような経験をされた方のお話が聞いてみたいです(失敗談でも構いません)。どうかアドバイスをお願いします。
2021/04/24 11:50

はじめまして。ご質問を読み、今の時代を反映した内容と思いました。他の方の回答にもありますが「人生100年時代」を迎え、定年まで働くスタイルから、一生働き続ける時代に変化しているからです。こうしたら良いというモデルがないため、今後の人生を思い悩み不安に思われる方が増えているように感じます。 ご質問の冒頭に「一つの職場でなかなか長く続けられないことが悩み」とあります。しかしながら、15年会社にお勤めされていますし、在宅医療サービスの会社に4年間フルタイム勤務しているではないですか。十分と思います。さらに、副業の勉強をして、バランスをとりながらご自身の快適な働き方を見いだされているなど、とても創造力があり素晴らしいです! 確かに、少し前まで「一つの職場で長く働くこと」が良しとされていました。しかし状況は変化し、現代において同じ会社で勤務を続けることだけでは評価されない場合もあります。私たちは過去の成功体験や思い込みに縛られるものなので、ご相談者さまが悩まれるのももっともです。ご相談者さまはそのような不安を持ちながらも、自身の感性を信じ実行されている。その行動力に拍手をおくります。 私自身、大手企業の勤務経験もありますが、現在はフリーランスとして活動しています。年金や健康保険など「そこに属していれば手に入る安定」がない不安は常にあり、仕事量が少なくなるとため息が出て悲観的になることもあり...老後を心配するお気持ち良〜くわかります。 不安要素をあげ出せばきりがありません。なぜならば、これをしていれば絶対に安心という働き方がないからです。そのような時に大切にすべきは「自分らしい生き方」「快適なことを増やす」に尽きると思います。 自分らしい生き方を貫く場合、ご家族と折り合いをつけることは必要です。ご相談者さまの奥さまは働かれていますし、生活に必要なお金の目処もお持ちとお見受けします。生活費はあるに越したことはないですが、ないなりに工夫をしながら楽しく暮らすことは悪くはありません。 極端かもしれませんが私の意見は、状況が許すなら「無駄な雑務が全くないため快適」な副業に注力すべしです。貰える仕事量が不安定だからと躊躇するより、どうしたら受注量を増やせるかにエネルギーを注ぐ方が夢があります。やはり副業が上手くいかない、もう少し生活費が必要となったら、別の仕事を増やす選択肢はあります。 様々な不安や迷いがあって当然と思いますが「ストレスは少なく、人生を楽しめる道」を知恵を使いながら歩んでいただきたいと思います。回答では十分にお伝えできないかもしれませんが、私の経験やいろいろな生き方について、いつでもお話可能です。ご連絡お待ちしています。


オンライン面接(Web面接)についてご質問です。面接の際にメモがあったほうが安心するので、パソコン内でメモのドキュメントを相手の映る画面の横に設置しようかと考えています。しかし「面接は相手の目を見るのが常識」かと思います。カンペの方に目線がチラチラとしてしまうのは、面接官からするとNGになりますか?面接中は目線をずっと面接官の方にしたままがいいのか、少しくらいは目線をそらして(メモを見る)もいいのかどちらでしょうか。。。ご助言をお願い致します。
2021/04/21 08:45

はじめまして。オンライン面接ならではのご質問ですね。 私の回答は、ドキュメントの設置はNG。安心材料としてのメモ程度ならOKです。 ドキュメントを横に設置しておきたいというお気持ちには、想定される質問にしっかり答えたいという思いがあるのだと思います。それでは、準備していない質問をされたらどうしますか? 面接はコミュニケーションです。質問→答えで終わるのではなく、質問→答え→質問というように、答えた内容から会話が発展していきます。面接担当者が何に興味を持ち、どこを深堀りしてくるかはその時の流れ。日常会話と同じです。 ドキュメントを準備しておくことをおすすめしない理由は、ドキュメントを見てスラスラ答えてもその後の返答がしどろもどろというように、明らなギャップがあると逆効果になるからです。それならば、最初の質問からしどろもどろ。しかしながら一生懸命に答えようとする姿勢を貫く方が好印象です。 面接は「どんな内容を話すか」より「どのように話すか」を見られています。立派な答えより、面接担当者に対し誠実で真摯な態度を打ち出すことが大事です。面接対策としては自分の考えをまとめ、言語化できるように日頃から意識をしておくことと思います。 実際に見ることはなくても安心材料としてキーワードを書いたメモを貼るくらいはOKと思いますが、それを答えることに集中するよりは、相手に100%気持ちを向ける方が良いのではないでしょうか。緊張しますし、不安と思いますが、その会社との相性を見るチャンスでもありますよ。


陰キャでコミュ障なのですが、ベンチャー企業の面接で猫かぶって明るく振舞ったら採用されてしまいました。 しかも営業職で、本当はすごく人見知りで一人でいるのが好きなタイプで、本当に申し訳ないのですが会社の雰囲気からしても、やっていけるか自信が湧いてきません。 本当にいまさらなんですが、陰キャのコミュ障がベンチャーで営業なんてできるでしょうか? 内定辞退も視野に入れて考えております。 どうぞご意見をよろしくお願いします。
2021/04/15 11:32

はじめまして。陰キャラで、コミュ障なのに、ベンチャー企業の営業職に採用されてしい、やっていけるか不安になっているのですね。 確かに、営業職は人と話すのが好きで明るい方というイメージがあります。さらにベンチャー企業となると、みなさんパワフルで前向きな職場を想像します。 ご相談者さまの戸惑いもごもっともなのですが、それでは「なぜ、ベンチャー企業の営業職に応募」したのでしょうか。応募時から、ご自分が認識している性格と職種にギャップはあったと思います。 もしかして、ベンチャー企業に憧れた、営業職にチャレンジしたいと思った、ともかく就職したかった、などなど、応募する理由があったと思います。内定辞退は可能ですが、その前に何を求めて応募したかその気持ちに立ち返ってください。 実際の職場の雰囲気や求められるスキルは仕事をしてみないとわからないものです。陰キャラの方は相手の話を聞くことができるので顧客から好かれたりしますし、営業職の方でも1人でいるのが好きな方は沢山います。面接時に明るく振る舞ったら採用されたとのことですが、ちょっと明るさを出す努力をすれば十分やっていける会社であるとも考えられます。 面接で会った方々の雰囲気や、一連のやり取りから悪い印象を受けていないのであれば、これも何かのご縁とチャレンジするのもありと思いますよ。


  東京都

  https://www.facebook.com/junko.kobayashi

本人確認

職業紹介免許

対応地域

全国

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

クリエイティブ・広告・マスコミ,

教育・医療・福祉関連職,

専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業),

電気、電子、機械技術者,

素材、食品、医薬品技術者,

建築・土木技術者,

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,