キャリアアドバイザー

小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児をしながらキャリアコンサルタントの資格を取得しました。

航空会社時代は国内外のお客様とお会いし、コンサルタント時代には多くのクライアント案件を担当しました。現在はフリーランスライターとして、さまざまな方のお話を伺うインタビュー記事を得意としています。

航空会社では働く女性のパイオニアである先輩とご一緒し、一生を通じた女性働き方を学びました。私自身、出産、育児を通じ、女性が働き続けることの難しさを経験しています。それらの経験が、今悩んでいる女性のためになればと思います。また男性の、本当に自分のやりたい仕事を見つけるお手伝いが出来ればとも思っています。

お話を伺い、志望動機の明確化やエントリーシートなどの添削もお受けしています。なんでもお気軽にご相談ください!

  東京都

  https://www.facebook.com/junko.kobayashi

本人確認

職業紹介免許

対応地域

全国

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

クリエイティブ・広告・マスコミ,

教育・医療・福祉関連職,

専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業),

電気、電子、機械技術者,

素材、食品、医薬品技術者,

建築・土木技術者,

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

回答 161 件
もう時期CMでよく流れている某パーソナルトレーニング会社の契約社員として働くのですが そこで、二年程働いて 二年後柔道整復師かあん摩マッサージ指圧師の資格を取りに専門学校に行きながら マッサージかパーソナルトレーニング又は両方出来る様な店でアルバイトして 卒業してから更にニ年程整体、接骨院で働いてから独立開業したいと考えています。 将来はパーソナルトレーニングと整体か接骨院を掛け合わせた様な店を開きたいです ここで二つ質問したいのですが ①この厳しい時代やはり国家資格は必要ですか? 私は国家資格なしでやられてる店に話しを聞きにいったのですが、やはり未だに資格欲しいと思うと仰っており私も迷っています。 ②資格を必要とする場合 柔道整復師かあん摩マッサージ指圧師どちらの方が良いでしょうか?
2021/06/12 18:56

はじめまして。パーソナルトレーニングと整体か整骨院をかけ合わせた店舗で独立開業されたいと思っているのですね。将来のプランを持たれていること、素晴らしいと思います。 ご質問にそれぞれお答えします。 ①の国家資格の必要性について、国家資格があるから安心というわけではありませんし、国家資格がなくても事業で上手くいっている人もいますし、国家資格の有無と経営は別の問題と思います。ただ、公的な案件に応募する場合や、応募要件に国家資格を持っていることが条件になる場合に、資格があることはメリットになります。もし時間的、金銭的に許すのであれば、国家資格の取得を検討しても良いと思います。 ②の2つの国家資格のうち、どちらが良いかというご質問ですが、こればかりはご相談者さまのやりたい事に近い資格、もしくはご自分の好みに合う資格が良いと思います。例えば、柔道整復師だけではなく、あん摩マッサージ師の資格を持っている方もいますし、鍼灸師の資格を持っている方もいます。専門学校によって複数の資格を取得できるカリキュラムを組んでいるところもありますので、どのように取得するかと合わせて検討するのが一番です。 既にお店の方にお話を伺うなどされているので、引き続き実際に携わっている方にお話を伺い、情報収集をした上でご自身がやりたい方向性や資格について決めてゆけば良いと思いますよ。やってみて、違ったと思ったら、そこで軌道修正すれば大丈夫です!頑張ってください。


人見知り、対面でのコミニュケーション下手で、希望を言えずいつも損をしています。 自分は相手の気持ちや要望を考えすぎてしまって、後手になったり、相手に悪いなと思ってしまって、自己主張できないなどコミュニケーションに苦手意識があります。 業務に支障があるわけではありませんが、どうしても交渉ごとに弱く、上司や同僚にもこうしたいとか言えずに人より損をしています。 おそらく周りはこんな自分がいることで、逆に得をしている人もいると思います。そういう人に自分は必要な役割の人間だと思います。 でも一人になった時にため息が出ます。どうにかして自分を変えたいです。どのような取り組みから始めるべきですか?
2021/06/09 10:25

はじめまして。ご相談内容を読み、聞き上手で相手の気持ちを汲み取ることができる方だろうと想像しました。それはとても素敵な性格だと思いますが、交渉で損をしたり、自己主張ができない自分に腹立たしさを覚えた時、自分の意見を言えるようになりたいと思うお気持ちもわかります。 こう考えたらいかがでしょうか? すべてのシーンで自分の希望を言うのは難しいと思いますが、どうしても譲れない仕事上の条件や、こだわり、趣味に関することなど、比較的言いやすいことに意識を向けます。 仕事上これ以上は妥協しないという条件や、こだわりポイントをご自身の頭で考え納得しておくことが大事になります。そこまでは譲れても、最後の一歩だけはしっかり主張する。そうするだけで、全て相手のいいなりになることは少なくなります。 また趣味や好きなことなら、自分でも驚くほど主張できるという方も多いです。同じ趣味を持つ仲間を見つけ、そこで自分の考えを言う時間を増やすのも良いと思いますよ。 向き不向きがありますが、自分の考えを書いてまとめるのも効果的です。一度考えをまとめ、文字にしておくとスルスルと言葉が出てきます。 業務に支障がないということなので、焦らずできるところから少しずつ意識するだけで変わってくると思いますよ!


上司が許せませんし、そんな自分も許せません。 私の上司は50代ほどの方で、経験も長いのですがミスを連発するし、要領悪く、部下から尻拭いしてもらい、社長から一番怒られています。 そのくせ部下には厳しくてプライドが高く、とっても厄介なタイプです。 私はこの会社に勤めて6年になり、この上司と合わなくて辞めていった人を何人も見てきました。 でもこの上司と合う人、割り切って接している人は色々あっても理解して長く勤めています。 私も最初は、こういう人だと割り切っていましたが、最近はこの上司とシフトが重なった日は気が重くなり、声を聞くだけでも顔を見るだけでもなんだかやる気がなくなります。 それでこの上司が許せる人もいるのに、どうしても生理的に許せない自分が許せません。 今の会社は辞めたくないし、けれど上司とも一緒に仕事したくありません。 自分が難しいことを言っているのは分かっているのですが、どうすればいいか分からず悩んでいます。 何か助言がありましたらお願いいたします。
2021/06/07 17:25

はじめまして。職場の上司が嫌いなタイプだと、モチベーションが上がりませんしストレスが溜まりますよね...。ご相談者さまは「声を聞くだけでも顔を見るだけでも」やる気がなくなる、「生理的に許せない」など、かなり嫌いの程度が強い状態になっているのでお仕事も大変かと思います。 ご相談者さまも気づいていると思いますが、残念ながら「上司は変わりません」。 したがって、取りうる対策としては「合わないように物理的に離れる」か「自分が変わる」です。 今の会社は辞めたくないということですので、部署異動が叶えばそれで解決します。 もし今の上司の元で働き続けるとしたら、上司が辞めるまで状況は変わりにくいので、ご自身の意識を変えることができれば許容できるようになると思います。 同じような相談は結婚相手や家族に対しても良く耳にします。 相手がどうしても許せない、嫌いと思っても相手はなかなか変わりません。自分の視点を変えて折り合いをつけることができれば、嘘のように上手くいくものです。自分の時間を大切に「つかずはなれずの距離感」も大事ですね。 さて、今回のご質問で気になるのは、「上司が許せない、そんな自分も許せない」ということです。 上司が嫌いな職場は沢山ありますが、そのような職場は部下同士が結束するので仲良く心地よいものです。 ご相談者さまが「自分も許せない」と思う理由を考えてみてください。自分の価値観や、過去の経験を思い出し、なぜ許せないか、上司のどんなところに苛立ちを感じるか、どうあって欲しいかを分析する感じです。 そこにこだわりや、こうありたいという理想や、コンプレックスなど、自分でも気づかない気持ちが隠れていると思います。上司が悪いというより「自分の中の何かに苛立っている」のかもしれません。それがわかれば、上司に対する嫌悪感がスーッと軽減する可能性はあります。 信頼できる方に話しても良いですし、紙に書き出すのも良いと思います。 ストレスを感じるのは自分の頭の中です。何が嫌かを具体的に探ると解決策が見えてきますよ!


三交代の仕事はきつくて健康によくないですか?今は日勤の仕事をやってますが、給料が少ないので給料が多い三交代の仕事に転職しようかと考えてます。 でもちゃんと務まるか体壊さないか心配です。慣れたら普通なんでしょうか
2021/06/06 16:08

はじめまして。三交代勤務の深夜シフトになると深夜手当が上乗せされ、他の勤務形態より効率的に稼ぐことができます。また残業がないのも三交代制の魅力にあげられます。 ちゃんと務まるか、体を壊さないか心配というご質問ですが、収入を得たいなどの目的を持って三交代勤務をしている方は、体調管理も含めてきちんと務めることができているので、三交代制だから不安ということはありません。安心してください。 しかしながら、深夜勤務が入ることで、次のような点に注意は必要です。 ・生活が不規則になり体調をくずす ・家族や友人とスケジュールが合わない 体調面は、十分な睡眠をとり、しっかり運動することはもちろん、夜勤明けの過ごし方が大切です。夜勤と日勤のシフト交代がある場合、その後の勤務形態に合わせて上手く調整する必要があります。 回答していて思い出しましたが、私は航空会社に勤務していたので深夜勤務もしていました。深夜便で朝到着した時は、仮眠は数時間だけで寝すぎないようにしていました。そこで寝すぎると、夜眠れなくなり、次の乗務に支障をきたすので辛いですが頑張っていました。 体力がある時はカバーしやすいですが、シニアの客室乗務員も多く、要は自己管理をしっかりしていれば年齢性別に関係なく、夜勤があってもやっていけると思います。平日昼がフリーなのはかなり快適でしたよ。 個人的に体力面より、家族や友人との時間が取れない方がストレスになる気がします。ご相談者さまの家族構成はわかりませんが、状況によって日勤に戻すなどすれば良いのではないでしょうか。集中的に稼ぐという意味で三交代制はありと思います。


  東京都

  https://www.facebook.com/junko.kobayashi

本人確認

職業紹介免許

対応地域

全国

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

クリエイティブ・広告・マスコミ,

教育・医療・福祉関連職,

専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業),

電気、電子、機械技術者,

素材、食品、医薬品技術者,

建築・土木技術者,

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,