キャリアアドバイザー

佐藤清志

合同会社JOB・ITマネジメント

現在もキャリアエージェントとしての活動と共に、都内で企業システムの構築プロジェクトの支援を行っています。システム提供側、利用側、マネージャー、リーダー、技術者として、それぞれの立場での職務経歴があります。ITシステム/コンサルタント・エンジニア・プログラマ関連職種を希望される方々へ、採用側の考え方、一般的な転職希望者の考え方をお伝えできる立場にあると思います。
尚、登記上、所在地は埼玉県になっておりますが、通常は都内でシステム構築関連の仕事を並行で行っています。都内・埼玉県を中心とした全国の方のご支援が可能です。

  埼玉県

  https://www.jobitm.info

対応地域

全国

専門業種

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,

キャリア支援を申し込む

回答 9 件
入社一年で転職するのはもったいないと思いますか? 私は今の会社を辞めたくて仕方ないのですが、よく3年は我慢した方がいいと聞きます。入社一年で辞めた場合と3年我慢して転職するのと、どうゆうふうに今後の人生変わってきますか? 一年で辞めてしまうと根性なしと思われるのか、それとも時間を大事にした方がいいのか、3年いた方がいいという理由も何か教えて欲しいです。自分一人で悩んでいても答えがわからないので、誰か教えてください。
2021/03/13 09:02 作成

まず、今、辞めたい理由、自分がやりたい事、なりたい姿を整理してみてはいかがでしょうか。 転職をする際、企業への在籍期間が短いと、特にそれが繰り返されると、採用を敬遠される傾向があるのは確かです。貴方様の場合、それが1回目ですからそれ自体は大きなマイナスにはならないとは思います。但し、これが繰り返されると、印象も確かに悪くなりますし、実質的なキャリア、能力が積み重なっていっていくのか疑問です。それを防ぐためにも、自分がやりたい事は何か、具体的にはそれがまだわからなくてお、抽象的・概念的にどんな事をしたいのか、したくないのかを整理して、次を考えてみてはいかがでしょう。それが今の在籍企業では実現できないのかを検討してみる。これらを繰り返すと、辞めたい理由や自分にのやりたい事をより明確ににできるかもしれません。また、これらが整理され主張できると転職の際も、企業へのアピールポイントへつなげられると思います。 以上、ご参考になれば幸いです。


面接での逆質問について。 本日面接にて、事前に用意していた質問があったのですが、その内容は全て面接官から説明されましたので、最後に「何か質問はありますか?」と聞かれた時に必死で質問を考えましたが、結局何も浮かばずに「何もありません。」と言って面接が終わってしまいました。それまで面接は良い雰囲気で進んでいたのに最後で、時間も余ってしまい期待外れになってしまったのではないかと、非常に後悔をしています。もっと質問を用意すべきだったのでしょうが、やはり逆質問がないことは合否にかなり影響するでしょうか?採用側の目線でどうすればよかったのかなど、アドバイスいただけますと幸いに思います。
2021/02/25 20:56 作成

 合同会社JOB・ITマネジメントの佐藤と申します。  面接官によって勿論考え方は違うと思いますが、採用側から見ると転職・就職希望者の方がどんなところに興味を持っているのか、聞いてくる内容がそれまでの話の流れ、内容に合ったもので整合性が取れているか(論理的な思考ができているのか)といった点を見ていると思われます。質問があまりに突拍子もないものだったり、面接時に質問すべき内容でなかったりするとマイナス評価になるケースも多いです。  質問を予定してた点が全て先方で述べられたとの事ですので、「最後何か?」と聞かれた場合ですが、例えば自分として一番聞きたかった点はこういう点でそこは御社はこう考えられているという事が面接中のお話でわかったので安心したとか、更に貴社への入社希望度が上がったとか、質問で返さなくても自分が聞きたかった点を改めて相手に伝えたら良かったかもしれませんね、次回以降のご参考になれば幸いです。


現在27才でシステムエンジニアを目指したいですが、未経験で文系出身でもう若くないのでどうするべきか不安があります。今からでも資格を取ったほうがいいのか、それとも少しでも早く入れるところを探して飛び込んだほうがいいんでしょうか? 資格を取るとしたら、ITパスでも1年はかかりますよね? この年齢になってしまうと、どういう動きをするのが一番いいのか、現実的なアドバイスいただけたら助かります。よろしくお願いします。
2021/02/12 08:21 作成

 はじめまして。合同会社JOB・ITマネジメントの佐藤と申します。  未経験でITエンジニアを目指す場合、資格を取ってある程度の希望就職先を狙うか、とにかく入れるところにまずは入るべきかという事ですね。結論としては、入れるところがあるなら入って、そこで資格を取るべく勉強を続けるというのがベストではないでしょうか。  ITエンジニアの需要はこれまで30年以上にわたって人手不足が続いています。今もそうですし、これからも全体としてはその状況は続くと考えられます。但し、強い需要が続いているのは、プロジェクトやプロダクト、若しくは技術組織を取りまとめられるマネジメント能力がある方と、時代と共に変わっていく技術要素若しくは業務知識に追随して能力を発揮できる方になっています。  よって、ITエンジニアになった、もしくはそうなれる会社に入ったとしても、そこで力を発揮するためにはずっと新しい事を学び続けていく事が要求されるのがシステムエンジニアだと私は考えます。その代わり、能力の高い方は高い報酬や働きやすい環境を求めて、働く場所(会社)を変えやすいのがITエンジニアだと。  上で入れるところに入ってと申しましたが、そこで業界のキャリアを積み、必要とされる資格を取得して次のステップ(会社・ポジション)を狙うというのが宜しいのではないでしょうか。入ってみて見えるものは多いでしょうし、それを踏まえた資格取得、勉強の仕方もできるのではないかと思います。また、未経験とおっしゃられていますが、これまで経験された業界・業務のアプリケーションシステムを作っている会社が見つかれば、採用され易いかもしれません。その辺は我々のようなキャリアエージェントに相談してみるのも一つの手だと思います。  コロナ禍の影響で未経験のITエンジニアへの門戸はだいぶ狭くなっているのを感じており、決して簡単な事をされようとしているとも思えません。しかしながら、技術と経験のある方であれば、かなり自由な選択肢が将来広がる職種だと思いますので、粘り強く頑張ってください。


応募先の企業は勤務地が東京・神奈川・千葉・埼玉の各支店と範囲が広いのですが、この場合に希望勤務地はどこでも可にしたほうが採用されやすいですか?それとも正直に希望勤務地を主張すると不採用につながりますか? 必ずしも自宅の住所に近いところに決まらないとわかっていますが、遠すぎるのも困るので、どう伝えたらいいか悩んでいます。 どうやって対応したらよいでしょうか?アドバイスをよろしくおねがいいたします。
2021/02/08 20:47 作成

 はじめまして、合同会社JOB・ITマネジメントの佐藤と申します。  ご質問の件ですが、多くのケースと同様、その企業の持つ文化・価値観によって答えは変わります。また、その企業にとって貴方の事が他の点でどれだけ魅力的に映っているかによっても変わります。つまり残念ながら絶対的な答えはございませまん。まずは貴方様がどうしたいかを整理する事をお勧めします。具体的には、自宅から遠いところに勤務してでも該当企業に入社したいのか、言い換えれば自宅から遠い勤務先になって引っ越しするぐらいなら行きたくないのかという点を考えてみるという事です。入社する気持ちの強さに度合いによって、希望勤務地を提示しつつも会社の指示でどこにでも行くと伝える、逆にどこにでも行くが出きれば自宅近くでお願いしたいという伝え方をする(こちらの方が自宅近くの希望度合いが前者より強い)、自分の希望は完全に伏せて指示に従う、逆に希望勤務地を強く要望すると明確に伝える等、伝え方を変えるという事でいかがでしょう。  その他にも迷う事は多々あると思いますが、自分の希望の強さ、元々その企業を希望した理由に立ち返って考えて頂くのを基本スタンスとして、今後も頑張ってください。それでは失礼します。


不動産業界に就職するとしたら、大手企業さんと中小企業さんではどちらが働きやすいんでしょうか?どちらにしても結局ハードなイメージがありますが、中小の方がアットホームなのかなと想像しています。何かそれぞれの特徴だとか、いい情報があれば教えて下さい!よろしくお願いします。
2021/01/28 21:27 作成

 はじめまして。合同会社JOB・ITマネジメントの佐藤と申します。 ご質問の件ですが、不動産業界で大手企業と中小企業だとどちらが働きやすいかという点ですが、正直なところ会社により文化や慣習が違い、また直属の上司によっても働きやすさは変わってくるので、一概に申し上げるのは難しいです。好みの問題も大きいと思えます。不動産業界に限らず、大手企業と中小企業では以下のような傾向の違いがあると思います。ご自分の強み・弱み、将来進みたい方向性を書き出してみて、並べて考えてみても宜しいかと思います。 ■大手企業 ・組織が出来上がっていて、役割が明確。一方で仕事の全体像を把握するのに時間を要する事がある ・福利厚生・待遇が一般的に高い ・平均的に能力の高い従業員が多い ・管理的能力が求められる傾向が高い ■中小企業 ・組織が成長過程で、役割が曖昧。一方で様々な仕事を短期間に経験でき、仕事の全体像を把握できるチャンスが大きい ・福利厚生・待遇が大企業に比べて低い、若しくは不安定 ・従業員の能力幅が大きい ・技術的能力が求められる傾向が高い


  埼玉県

  https://www.jobitm.info

対応地域

全国

専門業種

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,