キャリアアドバイザー

泉 克明/YouTube「泉克明のキャリア転職サロン」

未来共創機構CEO

★☆
こんにちは!
YouTube「キャリア転職サロン」を運営する
泉 克明 @未来共創機構CEO と申します。

今日は私のプロフィールをご覧いただき、
本当にありがとうございます!

★☆
私は普段、法人向けに
採用コンサルティング会社を経営する
現役ヘッドハンターですが、
個人の適切なキャリア選択を支援するため、
YouTubeなどで転職やキャリアについての
情報発信も行っています。

(詳しくはリンクをご覧ください)

★☆
一般的なキャリアコンサルタントや
転職エージェントとは一味違う、
VIPをも口説いてきた
ヘッドハンターならではの
セッションにご期待ください。

★☆
【プロフィール】
国内最大手のヘッドハンティング会社にて、法人開拓営業や特命ポジションのヘッドハンティング、経営企画、代表秘書等に従事。IT・不動産領域での年間移籍件数No.1を達成。2020年に独立し、合同会社未来共創機構を設立。

ITエンジニア、20〜30代若手営業職 etc. からのキャリア相談に乗っています。

  東京都 台東区東上野3-15-14 丸山ビル

  http://bit.ly/YouTube_miraikyoso

  https://twitter.com/miraikyoso

対応地域

神奈川県,

東京都,

千葉県,

埼玉県,

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

専門領域

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

回答 25 件
新卒でパチンコチェーンに入社し、現在は店長として仕事をしています。 コロナの影響もあり、先行きが不安なために転職を考えて人材紹介に登録したのですが、パチンコ店出身者はNGという求人があると聞きました。 やはり社会的なイメージが悪く転職には不利なのでしょうか。
2021/03/26 10:34

はじめまして! キャリア転職サロンの泉と申します。 転職市場で何が行われているのか、 外からはなかなか見えづらいですので 不安になるお気持ちはよく分かります。 ただ、パチンコ店出身者に限らず、 そもそも異業種や異職種への転職の場合は 自分が即戦力となり得ることを 相手に理解してもらいづらい分、 同業種同職種への転職に比べて不利です。 確かに様々な理由から 「パチンコ店出身者に限ってNG」 という求人も 世の中には存在するかと思いますが、 だからといって パチンコ店が特別不利な業界とまで 悲観する必要はまったくありません。 企業それぞれの好みのようなもので、 そうした求人が 多数を占めるわけではありませんので、 その求人にはご縁がなかったと思って 別の求人を探せばよいかと思います。 何より、これから転職活動をするにしても ぜひご自身のキャリアには 誇りをもっていただけたらなと思います。 「社会的なイメージが…」など ネガティブな捉え方は、 挙げようと思えば どんな業界にも何かしらあります。 社会的なイメージの良い(?) 公務員に対しても、 「民間企業のことが分かっていない」など ケチはいくらでもつけられます。 ご相談者さんはおそらく店長として、 これまでたくさんのお客さんや同僚に 価値提供してきたのではないでしょうか。 ご自身のキャリアの価値を自ら下げずに、 できることや実績をきちんと評価して 自信をもって転職活動することが、 より良い結果を引き寄せることにも 繋がるはずです。 最後に具体論を補足させていただくと、 人材紹介会社や担当者さんごとにも 業界の得手不得手がありますので、 いまの紹介会社さんから 良い求人のご紹介がない場合には、 別の紹介会社にあたってみるのも 効果的かもしれません。 ご参考になりましたら幸いです。


中途採用で建築業界に入ったのですが、仕事開始時間が面接時にいただいた契約書に書いてあった8時30分開始ではなく、実際には8時00分には会社に来てと言われています。しかも時間外で超過はついていないようなのです。 先輩には怖くて聞きづらくて、友人に相談したら「それはあるあるだな」と言われました。朝30分早いだけでかなり辛いんですが、これくらいは我慢が必要でしょうか? 厳密には会社がよくないのはわかるのですが、世間一般としてはこれくらいは許容範囲なのか、ご意見お願いいたします。
2021/03/13 13:16

はじめまして! キャリア転職サロンの泉と申します。 中途入社されたばかりとのことですから、 これまでの常識との違いに 戸惑われたこととお察しします。 残念なことですが、 朝礼や体操、着替え、整頓、 新聞読み合わせ、勉強会などの名目で、 正規の始業時間より早い出社を 実質的に強制するような職場は 未だに多くあると思われます。 スズキやバッファローなど大企業でさえ、 始業時間前の朝礼について 労基署から是正勧告を受けています。 程度について信頼できる統計が 存在するかは分かりませんが、 それが5分前の職場もあれば、 30分前や1時間前、 あるいは3時間前という職場も 聞いたことがあります。 とはいえ、中途入社されたばかりで 弱い立場にある従業員側から 会社側に働きかけるのは 現実的になかなか難しいですよね。 もし出社時間を8:30に 是正したいということであれば、 サービス出社の証拠を準備したうえで 労基署に申告するという手段はあり得ます。 申告方法はいくつかあるので 別途検索いただければと思いますが、 いずれも会社側には ご相談者さんが申告したことは ばれないのでご安心ください。 世間一般としてどうなのか? というご質問に客観的に回答することは 難しいですが、 ご参考になりましたら幸いです。


民法では退職する2週間前に退職届けを提出すれば辞められると思いますが、会社の就業規則には1か月前とあったりします。 自分は出来るだけ早く退職したいのですが、この場合どちらのルールを重視すべきでしょうか?詳しい方教えてください
2021/02/26 17:12

はじめまして! キャリア転職サロンの泉と申します。 法律家以外の者が 個別の法律相談にのることは違法なので、 あくまで一般論として 回答させていただきます。 民法と就業規則では、 民法の方が優先されるという 地裁レベルのやや古い判例は存在します。 (昭51.10.29、東京地裁、高野メリヤス事件) とはいえ、上記は6ヶ月前届出を義務づける 就業規則の是非が争われたもので、 1ヶ月前届出の是非は分かりませんし、 そもそも最高裁レベルの判例もありません。 会社側としても わざわざ裁判までするのは 費用も手間もかかるので、 2週間前に退職伝達したからといって 訴えられたりする事態は 通常は考えづらいかなとは思います。 ただし、以上はあくまで法律の話で、 人間関係や引継ぎなどの 道義的観点については別問題です。 1ヶ月程度の退職予告期間は ごく一般的なものですので、 法律を盾に2週間退職を強行すれば 現職での人間関係に傷がついたり、 引継ぎも不十分になりかねません。 それを意に介さない方も いるかとは思いますが、 人の縁は将来どこで繋がるか分かりませんし、 勝手知ったる古巣とは なるべく良好な関係を維持するメリットは 思いのほか大きかったりもします。 (最近は"リファレンスチェック"といって、  求職者の過去在籍企業の上司・同僚等に  当時の本人の働きぶりなんかを  ヒアリングしたうえで  採用を決める企業が増えてきてますね。) 結論としては、 出来るだけ早く退職したいのであれば、 しっかり引継ぎをしたうえで 合意退職を目指すのが王道です。 合意退職であれば2週間どころか 双方同意すれば1日で円満退職できます。 その他、退職交渉における 注意点を動画解説していますので、 よろしければご覧いただければと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=PEI8OwMkllo ご参考になりましたら幸いです。


転職に失敗しました。給与も上がり、休みも増えると思ったのですが、結果が出ていないと待遇が大幅に下げられてしまい、前の会社の方が良かったと感じています。 恥ずかしながら前の会社に戻りたいと思っているのですが、そんな話聞き入れてもらえるものでしょうか。出戻りされた方がいればお話しを聞きたいです。
2021/02/18 12:24

はじめまして! キャリア転職サロンの泉と申します。 結論からいえば、 企業によって聞き入れてもらえる可能性は 十分にあると思います。 そのような "出戻り"社員は以前から一定数いましたが、 最近では海外にならって "アルムナイ(卒業生)"などと呼び、 貴重な戦力候補とみなす企業も 増えてきています。 https://jinjibu.jp/keyword/detl/578/ 企業にとってみれば、 卒業生なら自社の社風を理解してますし、 通常の中途社員のような初期研修や 社内人脈づくりも最低限で済むので 即戦力として期待できます。 しかも、一度外の会社を経験したうえでも 自社の魅力が高いと感じる社員なわけで、 以前よりも高い愛社精神を 発揮してくれるかもしれないなど、 結構良いことづくめなんですよね。 ただし、そのような "退職者にオープンな会社" ばかりでもない現実があることは お伝えすべきかもしれません。 元々転職が当たり前の外資系企業や ITエンジニアの多い企業などでは、 アルムナイの発想も比較的すんなり 受け入れられやすい傾向にあります。 一方で、長らく終身雇用が続き、 ムラ社会の色が濃い企業では、 退職者を"裏切者"、 出戻り社員を"一度は裏切った奴"とみなし、 感情的に敬遠したり、 評価を下げる場合もあり得ます。 ただしそれも一概に言えることではなく、 あくまで個別企業の考え方によって 卒業生への対応はまちまちです。 ご相談者さんの前職では 出戻り社員がいなかったか? いたとすればどんな扱いをされていたか? などを思い出しながら、 可能であればその方にコンタクトをとって 直接お話を聞いてみることが 最もイメージしやすい方法だと思います。 私自身の経験談として語れず恐縮ですが、 ひとつの参考にしていただければ幸いです。


不動産関係の企業から内定をもらったのですが、営業用の車は自分の車を使うようにと言われ戸惑っています。 仕事で自分の車を使わせることは問題ないのでしょうか。
2021/02/12 11:54

はじめまして! キャリア転職サロンの泉と申します。 法律家以外の者が 個別の法律問題に助言するのは違法なので、 あくまで一般論として 回答させていただきます。 残念ながらといいますか、 「仕事で自分の車を使わせること」を 入社条件とすること自体には 問題はありません。 内定段階での条件提示であれば、 受け入れられなければ条件交渉するか、 内定辞退するかという 判断になるかと思います。 (もちろん、  従来は社用車を使っていたのに、  ある日を境に自家用車を使うように  労働条件が変更されるような場合は  労使が合意しなければNGです。) なお、会社側との パワーバランスにもよりますが、 内定段階であれば 条件交渉が通るケースもあります。 社用車を用意してもらうのは 多少ハードルが高めですが、 例えば、 「自家用車の件は先程はじめて伺いました。  その場合、ガソリン代等の維持費が  余計に●●万円ほどかかるので、  その分、給与や手当のアップを  ご検討いただけないでしょうか。」 という主張は正当なものですし (会社側が交渉に応じるかは別ですが)、 "●●万円" も 車の買い替えサイクルが早まること含め 馬鹿にならない額になり得ますから、 内定承諾前にご自身できちんと 想定しておくべきだと思います。 ご参考になりましたら幸いです。


  東京都 台東区東上野3-15-14 丸山ビル

  http://bit.ly/YouTube_miraikyoso

  https://twitter.com/miraikyoso

対応地域

神奈川県,

東京都,

千葉県,

埼玉県,

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

専門領域

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,