相談可

継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労使Win-Winの労務管理です

1人でも多くの方のお役に立てればと思います
宜しくお願い致します

  東京都

  https://twitter.com/kz2019sr

メールで相談する

回答 2 件
アルバイト、パートの休業手当について。 ある受付のアルバイトしているのですが、 最近暇で、シフトの終了時間より早めに「今日はもう暇なのでもう帰って」と一方的に早退させられます。 その分給料も少なくなるし、退勤時間も分からないので正直困ります。 休業手当があることを知りましたが、このケースでアルバイトバイトやパートでも適用されるのでしょうか? 詳しい方教えていただけないでしょうか?お願いいたします。

2020/03/29 11:14 作成

前提条件として、「パート」であっても、労働基準法上の「労働者」に当たれば、休業手当の要件に該当します。 また、質問のケースについては、以下をご参考下さい。 ・当初、勤務予定である日時を会社都合で休ませる場合は休業手当を支払う →例えば月曜日は9時~17時までの契約であるにも関わらず、人員過多の為に、急遽帰宅させる場合等 参考 労働基準法9条(労働者) 労働基準法で「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で賃金を支払われる者をいう。 →よって、「アルバイト、パート」であれば、その「事業又は事務所」に使用されていると言えますので、労働基準法上の労働者に当たらないケースは極めて稀なケースと言わざるを得ません。 参考 労働基準法26条(休業手当) 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。 →平均賃金の算出については割愛しますが、要約すると給与の6割を支払うとの趣旨です。 ※総括 質問のケースについては、 ・休業手当の支給要件に合致する可能性が極めて高い ・労働者自身の都合で帰宅した場合は、会社都合とは言えない為に、休業手当の支払い義務なし 上記のとおりとなります。


某会社にパートで勤務していますがコロナウイルスの影響で、休職を命じられました。シフトが出ていて休業になった部分については6割会社から給料が出るようですが、シフトが出ていなかった期間に関しては給料は全く出ないとの通達があったのですが、それは法律的に払われる事は無いのでしょうか? 正直、生活に困ってしまいます。どなたか知恵をお貸しください。

2020/03/13 05:56 作成

大変お疲れ様でございます。 ・コロナ感染が「疑わしい」と企業側が判断して社員を休ませる場合、労働基準法により平均賃金の6割以上の休業手当を支払う義務があります。また、年次有給休暇を「一方的に」取得させることはできません。お示しされている「給与が全く出ない」はノーワークノーペイの原則といい、働いた分しか給与を払わないことを指していると察します。今回はシフトがどのレベルまでしか出ていなかったか?も議論になり得ますが、前述と後述をご参考ください。 ・検査で「感染が確認」された場合には感染症法に基づき休むことになります。これは都道府県知事から就業制限がかけられますので、企業は休業手当を支払う義務はありませんが、企業が独自に病気休暇制度を設けていれば社員は活用できます。 ・補足 コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限により労働者が休業する場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられますので、休業手当を支払う必要はありません。 なお、被用者保険に加入されている方であれば、要件を満たせば、各保険者から「傷病手当金」が支給されますので、そちらを利用されるのも選択肢になり得ます。